中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

リペアからガラス交換へ

95気まぐれ日記

repair_pajero
先日フロントガラスリペア(補修)を施工したお客様から、『補修したところからやっぱりヒビが延びちゃったので、ガラス交換してほしい。』とご連絡がありました。
なぜ『やっぱり』とおっしゃったかは、弊社も、お客様が最初にフロントガラスリペアのご要望でご来店頂いた際に、『しばらく前に飛び石をもらってキズが入ったけど、そのまま放っておいた。そしてらだんだんヒビが延びてきて、3cmぐらいになってしまった。』というお話しをお伺いし、また、実際にヒビを拝見したところ、『(ヘンな表現ですが)ヒビに勢いがついてるし、これは延びるな~。』と判断し、お客様に『リペアをやってもまたすぐにヒビが延びて、ガラス交換になってしまう可能性大です。』とご説明をしたからです。
お客様も悩みに悩んだあげく、とりあえずリペアをして、延びたら延びたで交換しましょうということで合意に達しました。
いざリペア作業を始めたのですが、予想していたよりもレジン(紫外線で硬化する液体。これをガラスのヒビに注入していくんです。)の入りが良く、圧力をかけてもヒビが延びていかないので、なかなかの出来になりました。ヒビが大きかったため、補修痕はそれなりに残ってしまうのですが、それでも、お客様も予想していたよりも良い出来栄えで、まあまあ満足、これ以上ヒビが延びないことをお互いに祈りましょうということでお帰りになりました。
しかし数日後、やはり延びてしまいました。お客様も『やっぱり言ったとおりダメでしたね。』なんて妙な関心の仕方をされ、ガラス交換となってしまいました。やっぱりリペアは完全じゃありません。これでリペア作業後、ヒビが延びてしまった台数は、約1000台中、6台目になってしまいました。
もちろん、先日のお金は返しましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To PageTop