中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

悦びの影で

97ザスパ草津

thespaj_004
ザスパ草津の選手、サポーター入り乱れての歓喜の渦から少し離れ、ひとり佇む男がいた。
全ての苦労が報われて、身体中で喜びを発している輪の中に入ろうとはせず、その男はただ黙して感慨深げに見守っていた。
彼と弊社の出会いから既に2年。リエゾン草津というサッカーチームからザスパ草津へと変わり、その目標がJリーグ入りだと表明した頃、彼と出会った。
元々は自身もあるスポーツのプレイヤーだったらしい。その競技を巡る変革や企業スポーツ部の衰退がなければもしかしたら、彼がその競技で歓喜の中心にいたかもしれない。
競技は異なるが、プレイヤーの立場からチームスタッフへと転身。企業が広告宣伝費を削るなか、スポンサー獲得のために奔走する日々。彼の苦労が報われているのかいないのか、チームは躍進、異なるステージを次々と駆け上がっていく。
『地元群馬で愛されるチームづくりを・・・。』出身地でもない群馬のために彼は頭を下げ続け、試合の日には自らチームのバスを運転して選手を運んだ。
大柄なその男は右腕で涙を拭った。泣いていた。
歓喜の輪の中心から歩み寄ってきた社長と、がっしりと抱き合い、涙を流した。
ザスパ草津というチームは、設立してまだ3年。
スタッフも少なく、そして若い。チームとして、会社としてはまだまだこれから。
でも、決して表舞台には出ないが、悦びの影には、彼のようなスタッフがザスパ草津には大勢いる。
(とりとめなくてゴメンナサイ。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To PageTop