中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2005/06

らいあん用ザスパレプリカ

2005/06/30

qty
ずいぶん前のことになりますが、このブログのプロフィールの写真にも使っている、わたくし非常勤営業課長らいあんが着用しているザスパ草津のレプリカユニフォームは、『QTY DOG』さんという、飼い主の洋服をペット用にリメイクしてくれるというお店で作ってもらったものなんですが、その『QTY DOG』さんのブログで、このレプリカユニフォームを紹介していただいたようです。
いかに原型のユニフォームのイメージを崩さずに、わたくし用にリメイクするかでかなり悩ませてしまったようなのですが、完成品が送られてきたときには、その出来栄えの良さにビックリしました。
じつは、この『QTY DOG』さんにお願いする前に、群馬県のペット用の洋服を作ってられる会社に何軒も断られていて、ダメモトで聞いてみたんです。そうしたら、社長の渡邉さんから、「オモシロイ!出来るかどうかわからないけど考えてみる。」ということで実現したものなんです。
渡邉社長との出会い(直接お目にかかったことはありませんが)からです、お客様おひとりおひとりの事情に合わせたサービスがご提供できないかと考え出したのは。
弊社の自動車ガラス交換という仕事は、おひとりのお客様がクルマを乗り続けるなかで、出会う確立が非常に低い業種です。まして二度三度お付き合いするということは滅多にありません。(お客様にとっては、あっても困ります。)
そのかなり低い確立での出会いですから、その機会は大事にしたいですし、弊社を選んでいただきたいと思っています。
まだまだ行き届いたサービスとは程遠く、なかなか現実は難しいのですが。

フィルム、フィルム

2005/06/29

saab_002
volvo_film
弊社の即戦力カーフィルム・ルーキー・コイズミ、連日フィルムを貼っています。
なぜかここのところ、カーフィルムの仕事は外車が多い。
アルファロメオ、サーブときて、本日はボルボです。
弊社には入社してまだ数ヶ月ですが、今まで自分がやってきたカーフィルムという仕事においては新人ではありません。責任者のつもりで施工インフラの整備やら実際の施工など行ってもらっています。
おかげで、カーフィルムの施工環境や施工品質が日に日にアップしています。
礼儀知らずは困りますが、新入社員であってもちゃんと意見を言える職場環境を整えるのは大事なことだと思います。
とかく『職人』と言われがちな我々の業界ですが、後輩が気軽に建設的な意見を言えないのは、この『職人』の世界の負の財産だと思います。
せっかく仲間になったんですから、自分が働きやすい職場、そしてお客様に喜んでもらえる会社を、『自分たちが』創っていってもらいたいものです。
みんなガンバレ。

すごいマニュアル

2005/06/28

r1
本日は、日頃ご愛顧いただいております、某カーメーカー系ディーラーさんをまわっていたのですが、走行距離数200km。群馬は広いと感じました。
お客様からいろいろとオモシロイお話しをいただいたのですが、なかでもオドロキだったのは、某クルマのリアゲートパネル(写真)なんですが、ガラスの上部にカバーの様なものがかかっているのがわかりますでしょうか?これ、ゲートと一体になってるらしく、取り外してガラスをむき出しにするということが出来ないそうなんです。
ということは、どうやってガラス交換するのか??
しばしお客さんのディーラーのサービスの方と考え込んでしまったんですが、もうひとりのサービスの方が横から一言。
「ガラス外す時はゲートをぶち壊せ。そうじゃなければガラスだけじゃなくゲートパネルごと交換。そうマニュアルに書いてあるよ。」
2人:「・・・。」
ホントですか??

ガンバレ前橋商業

2005/06/27

maesyou
本日は、前橋商業高校という、サッカーなどは全国区な学校へガラス交換に行って来ました。
そういえば、一昨年だったか、ちょうどこの季節、同じく前橋商業高校からのご依頼で、硬式野球部のバスのフロントガラス交換をしました。たしかその直後の夏の県大会では、前橋商業は決勝まで進み、あと一歩で甲子園というところまでいったのでした。
今回は野球部とは違い水球部のようですが、しかし、時期は同じです。きっと今年の野球部の成績も良いのではないでしょうか?って勝手にこじつけています。

クレーム

2005/06/26

repaircleim
本日は、ご来店いただいたお客様のお悩みをうかがっているうちに、クレームとなりました。
写真がボケてますので少し分かりづらいとは思いますが、これはウィンドリペアを施工した痕です。赤の線で囲った真ん中が黒く、キズの痕が写っているのが見えるでしょうか?
最初にお客様がご来店下さったときのお話しはこうです。
「以前にカーディーラーさんで車検の時、フロントガラスに小さなヒビがあって、このままだと車検が通らないということだったんでリペアをしてもらった。」
「最初はキレイに目立たなかったんだけど、ここにきて最近、ヒビが延びてきたように見える。」
「お世話になっているカーディーラーさんに相談したところ、このままだと次回の車検は通らないかもしれないので、一度リペアしたものは再修理できるかどうかまでは分からないので、ガラス専門店に相談してみてくれと言われて来た。」
とまぁこんな感じだったのです。
実際にリペア痕を見てみると、確かにリペアはしてある。でも、キズの隅々までは充分にレジン(紫外線を当てると樹脂になって固まる溶剤。これをヒビに注入して固め、ヒビの進行を防ぐんです。)が行き渡っていない状態。
『中途半端だな。』と思いつつも、お客様からの話しをうかがうと、原因がいくつか見えてきた。
お客様がおっしゃっているお話しの内容で、気になる点は『最初は透明だった。』という点。
そのことから想像すると、
①仕上がり時にはレジンは充填されていたものの、時間と共にレジンが痩せた、レジンの品質の問題。
②ヒビの隅々まで充填されたように見えたレジンが、じつは不十分だった。
③施工した日が雨の日や古いキズで、ヒビのなかに水分やゴミが混入していた。
④単なる施工者の技術不足。
こんなところが原因として頭に浮かびました。そのうち、可能性が高いのは①③④
もうひとつ重要なことがあったのですが、この時には思いつかなかったです。
お客様といろいろお話しをしながら、様々な業種の方がこのウィンドリペアを始めたことによる施工品質のバラツキの問題が頭をよぎったのですが、『カーディーラーに頼んだ』ということが気に掛かり、例えばディーラーが下請けとしてどこかの業者を使っているとしたら、それほど技術力のない業者を使っているわけはないだろうと思い、補償の問題もあるしと、お客様には申し訳なかったのですが、事情を根掘り葉掘りとうかがいました。
お話しをしていると、段々と雲行きが怪しくなってきました。修理を頼んだカーディーラーさんはナント、弊社のお客様。そしてリペアを施工した日付もはっきりとわかってきました。約半年前。
弊社のデータをみたら・・・、
「ゴメンなさい、お客様、うちが確かに施工させていただいてます・・・。」
平謝りです。いろいろご説明して、こうなる原因とか図解にして説明をしていたら、なんと自分の会社が施工したものだったとは。格好悪かったです。
その場ですぐに再施工させてもらったのですが、リペアの場合、ほとんど再修理不可能なのですが、今回はなんとか再修理ができました。お客様にもなんとか「このぐらいなら。」ということで様子をみていただくことになりました。
ただ、原因のひとつとして考えられる①のレジンの経年劣化の痩せであったら、また再びこのようなことが出るかもしれません。ということで、もう一度いろいろ今回の原因をお客様にお伝えしていたのですが、ふと、もうひとつ、今回のようなリペアの際のレジンの充填不足を起こす最もたる原因のひとつを忘れていたことに気がつきました。
「あの、フロントガラスの撥水加工とか、ガ○コとか塗りませんでしたか?」とうかがったところ、
「リペアをしてからはしてないけど、確かに前は撥水かけてたよ。」とのこと。
これも非常に多いのですが、撥水処理を施したフロントガラスに、飛び石によるキズがついてしまって、そのまますぐにリペアをするのではなく、雨が降ってワイパーをかけてしまったり、洗車をしてしまった後は、ヒビのなかに撥水剤が混ざった水分が混入してしまい、水分は乾いてもヒビの内部は撥水状態が保たれていて、レジンも弾いてしまい、良い施工が出来ない場合があるのです。
今回の不充分な施工の要因のひとつとして、上記も考えられお客様に説明したところ、「お~、なるほど。」と少しご納得いただけたようでもありました。
それにしても、施工後は良かったとはいえ、後々にこのような不十分な結果になって申し訳ありませんでした。
リペアは元には戻らないという不確かなものですが、今回のように時間が経過して状態が変わるということも念頭に置きながら、より技術を磨いていきたいと思います。

暑い季節にはカーフィルム

2005/06/25

alfa_002
今日も暑かったですね。前橋では35℃を超えたとかいう話しです。
この暑い中、前橋の敷島公園サッカーラグビー場では、J2第18節ザスパ草津×湘南ベルマーレ戦が行われ、1-0でザスパ草津が勝利しました。選手の皆さん、応援に行かれたサポーターの皆さん、どうもお疲れ様でした。
さて、こう暑くなってくると、カーフィルムのお問い合わせやご注文が多くなってきます。弊社も連日のようにカーフィルムを施工しています。本日お預かりしたおクルマはアルファロメオ。
カーフィルムの即戦力として入社した、新人コイズミ、汗だくになって頑張っております。

引き取り納車

2005/06/23

venz
クルマのガラスがワレてしまった場合、特に女性を中心に、ご自身でおクルマを運転してご来店くださるのを怖がられるお客様が多いです。
そりゃぁそうですね。毎日ワレたガラスを取り扱っている我々にしてみれば、クルマが走らなくなったわけではないので大したことありませんが、やはり目の前に大きなヒビや、バラバラにワレたガラスの破片が飛び散っていると、慣れない人は目の前にガラスが”ドシャーン”と崩れてきそうで怖いでしょう。
そんな運転に不安なお客様には、弊社がキャリアカーで引き取りにお伺いしています。
しかしながら、写真のような高級なおクルマは、引き取る方がビクビクです。(笑)
横幅も長さもキャリアに積むにはギリギリなんですよ~。あ~、緊張した。

ブログ人は使いづらい

2005/06/22

ブログの項目など少し変更していたのですが、予想以上に時間が掛かりました。
昨日は全然繋がらなくて、記事の更新ができなかったりと、このOCNのブログ人は有料のワリには少し使いづらいです。
アメーバブログやホリエモンのところの方がむしろサクサクいくかも・・・。しかも無料。

リペア大漁

2005/06/22

repair_001
昨日は弊社スタッフの数名、1日中リペア(フロントガラス補修)をしていたんじゃないかと思うぐらい、ウィンドリペアのご要請が多かったです。
ウィンドリペアの年間施工数は、弊社ではその数が年々増えています。新しい道路がどんどん整備され、ガタガタ道などほとんど見なくなったので、一見、飛び石も減ってくるだろうと想像するのですが、それでも逆にその数字が伸びています。道路が整備されるとスピードを出す。スピードを出すと飛び石も勢いを増す、というのが原因のひとつかもしれませんね。
車間距離とスピードにお気をつけ下さい。
そして今日は某ガラスメーカーの自動車用ガラス部門の担当者の訪問を受けました。残念ながら長い時間はお話し出来ませんでしたが、なかなか興味深いお話しをお伺いしました。

取材

2005/06/17

syuzai
本日は、『オートメカニック』という雑誌から取材を受けました。
リペアで補修不能なガラスのヒビは、ガラス交換をしようという企画のようで、実際にガラス交換作業をお見せしました。
我々、自動車ガラス専門店以外からも色々なところから、色々なガラスが出回って、色々なところで交換作業がされている昨今、金額的にはユーザーに還元されているのでしょうが、その反面、専門店以外の施工が危険だということも訴えたつもりです。弊社の作業を見ていただいた編集担当の方にご理解いただけることを祈るばかりです。
8月号に掲載されるようです。

To PageTop