中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2005/07

今こそサポーターの皆さんの力が必要です。

2005/07/29

2
昨日まで出張に行ってたのですが、出社したらビックリなニュースを聞きました。
ザスパ草津 賢持社長辞任
各新聞紙上には、『観客数激減』『二年連続赤字』『経営責任』『草津町民やスポンサーから不満』など、穏やかでない言葉が並んでいた。
観客数が伸びない上にチームの成績不振、そして社長辞任のニュース。
これは大変だなと思っていた矢先、クラブ本部の営業担当の方から電話をいただいた。
どうやら事情説明のようだ。
昨日今日はスタッフのみなさん大変だったと思います。
いちサポーター企業の立場から言わせて下さい。
まず、ザスパ草津は群馬県民の共通財産だと思います。
そして、たった2年でJリーグ昇格を果たしました。これは事実です。
賢持社長の個人的なことについては全く興味はありません。サポータ企業としての賢持社長への期待は、応援している自分たちのチームが勝ち、ひとつでも上のステージで活躍してくれること。そして私たちと地域の人たちが『ザスパ草津』という共通の話題と夢を享受することです。
Jリーグ昇格までその期待には誰がなんと言おうとも、賢持社長は答えてくれたと思っています。
もちろん、社長ひとりの手腕ではありません。クラブの多くのスタッフが居てこそのものだと思います。
観客数激減による入場者収入の減少。
ザスパ草津はもう、我々に与えられたクラブではありません。
地域とクラブが一体となり、わたし達が創っていくものなのではないでしょうか?
『チームが勝てない。おもしろくない。』『草津なのになんで前橋だ。』『駐車場がないから行きたくない。』・・・、いろいろ言いたいことはあるとは思います。
でも、『ザスパ草津』は、群馬県にはじめて出来たプロスポーツチームです。
自分が住んでる街にプロチームがあるなんて凄いことですよ。大人も子供もひとつの話題で盛り上がれるなんて素晴らしいことじゃないですか。せっかくですから大切に育てましょうよ。
「群馬じゃやっぱり無理なんだよ。」なんて言わないで。
そしていつか、スタジアムを紺一色で染めましょう。
右肩上がりどころか、ほぼ垂直に次へ次へと駆け上がっていったザスパ草津。
しかし、そう簡単に勝ち続けられるほど、”J”という舞台は甘くはありません。プロですから。
今が我々サポーターに訪れた、初めての危機かもしれません。
サポーターの皆さん、いや、群馬県民の皆さん、お願いです。
可能ならばスタジアムに足を運んで下さい。仕事や学校や諸事情あってスタジアムへは行けない皆さん、どうか今以上にザスパ草津に関心を寄せて下さい。試合の情報に一喜一憂しましょう。ただ、長い目で温かく見つめて下さい。まだ群馬初のプロスポーツクラブはスタートしたばかりです。
ザスパ草津は、自分たちの住んでいる街の子供たちに残してあげられる財産なんです。
スタジアムにいる、ぶかぶかで引きずるようにレプリカユニフォームを着て、メガホンを持って応援している子供の、その希望の光を、どうか消さないように。
お願いします。皆さんの力が必要です。

新井選手リタイア

2005/07/25

2efbffc9
週末、ラリーHOKKAIDOに参戦していたSUBARU Team ARAIでしたが、残念ながら新井選手はリタイアしてしまったようです。
チーム・アライの「ラリー北海道レポート」にその様子が書かれています。
なにやら転倒したようで。
マシンが帰ってきたら出動ですね。
ガラスがワレていなかればいいのですが・・・。
まぁでも、新井選手に怪我がなくて良かったです。
ラリージャパンでは期待しましょう。

プライバシーガラスにフィルム

2005/07/23

legasyfilm
カーフィルムの受注が多い季節なのですが、なぜかここのところ弊社にご注文いただくお客様の多くが、外車とプライバシーガラスが純正設定で入っているクルマなんです。
外車はいいとして、プライバシーガラスという、最初からガラスにフィルムを貼ったような黒い濃い色のガラスが入っているクルマがあるのですが、最初から黒いにも関わらず、その上からスモークフィルムを貼りたいというご要望が多いのです。
『プライバシーガラスの意味ないじゃん。』と自動車メーカーに言ってやりたいものですが、よく考えれば、一昔前、プライバシーガラスが出たての頃はもっと黒く濃かった気が・・・。
たぶん、濃すぎたために特に夜間の事故とか多かったのでしょうね。

ザスパ草津、チャレンジャーチームTシャツ入荷

2005/07/22

charenge
Jリーグのサテライトリーグに参加しているザスパ草津のチャレンジャーズチームですが、佐野監督を中心に、巷ではトップチームよりも人気があるのではというウワサがあるとかないとか・・・。
そんなザスパ草津チャレンジャーズチームのレプリカTシャツが、数量限定ですが入荷しました。
胸に『Beisia』ではなく『泉質主義』のロゴ。はっきり言ってこちらの方がザスパらしくてイイ!
草津と試合会場でしか手に入らないというレアな商品だというウワサです。
わずかしか入荷しておりませんので、お早めに。

接着剤の話しは続く。

2005/07/20

ここ何回かに分けて接着剤の話しをしていますが、今日は自動車ガラス用接着剤の種類の話し。
自動車ガラス用接着剤には、接着式タイプのガラスに使う接着剤と、ゴム(ウェザーストリップ)式のガラスに使う接着剤とに分けられる。前者は湿気と気温で硬化し、完全硬化するとゴムのように堅くなるもので、後者は接着というよりも、枠ゴムとガラスの隙間から水が浸入することを防ぐ充填を目的としたもので、完全硬化はしません。
今の普通自動車は、そのほとんどが接着式にあたるのですが、その接着式のガラスに用いる接着剤にも、様々なメーカーが色々な種類の物を出しています。
弊社が使用しているのは、前にもこちらで書いていますが、ESSEX社のウレタン接着剤。
U838
この接着式自動車ガラス用接着剤には、弊社が使用しているようなウレタンを主成分にしたものと、シリコン製ののものがあります。
どの接着剤を使うかは、それはもう各社のスタンスによってバラバラです。
いちおう、JASO規格という基準があり、この規格を通っていない製品は安全上使用できないことになっていますが、このJASO規格も、逆にこれが通っているから安全という品質基準ではなく、どちらかというと最低限必要な品質基準。弊社が使用しているESSEX社のウレタン接着剤は、日本国内のJASO規格には通していないものの、世界的な基準ではJASO規格とは比べものにならない位厳しいFMVSSという規格に合格しています。
現状の自動車ガラス交換に使用する接着剤としては、まぁ最低限JASO規格に合格しているウレタン製接着剤を使用していれば、施工方法は別にして、まず安心と言えます。
気になるのは、ウレタン製接着剤じゃない、シリコン製のもの。
これは接着力が弱いという絶対的な欠点もありますが、それよりも深刻なのは、2度目のガラス交換のとき。
silicon_003
写真のように基の接着剤をギリギリまで削って表面を平らにして接着するのですが、ウレタンの上にウレタンを着けるのは問題ないのですが、一度ガラス交換をして、その時にシリコン製接着剤を使用していた場合、この上にウレタン製接着剤を塗布してもくっつかないんです。そのまま知らずにシリコン接着剤の層の上にウレタン接着剤でガラスを取り付けると、最悪の場合は接着不良でガラスが外れてしまいます。
silicon_001
ですから、ガラス交換をする際に、一度ガラス交換をした形跡があって、尚且つシリコンで取り付けてあった場合、写真のように極限まで、もうボディの塗装面も削ってしまう勢いでシリコン分を全て除去しなければいけません。
ただその場合、ボディの塗装面を削ってしまうと、その後の処理をしっかりしないと、サビの原因になり、サビが雨漏れの原因になってしまいます。
これらのことは、今、ガラス交換をする際に重要なことというよりも、その次にガラス交換するときに関わってくることの方が多いかもしれません。
『その時はその時!』という考え方もあるでしょうが、弊社はその考え、キライです。

接着剤ミーティングの続き

2005/07/16

hajiki_004
先日の接着剤ミーティングではいくつかの課題点が残ったのですが、そのひとつに接着剤の品質とは直接関係のないことなのですが、良好な接着状態を得るには重要な問題があったので、各カーメーカー純正ガラスメーカー旭硝子の総代理店㈱オートグラスの群馬営業所さんに協力してもらい、弊社スタッフ全員でお伺いして在庫ガラスを用いて試験させてもらいました。
我々施工現場側からの意見、ガラスメーカーからの見解、いろいろと疑問や意見をぶつけ合いながら約2時間、『やはり!』と改めて確認した点、新しくわかった点、今後の現場サイドからの対応策など、いろいろ有意義な時間だったと思います。
自動車ガラスの施工は、結果がすぐに出難い技術です。納車後すぐの雨漏れやモールの浮きなどは論外ですが、1年後2年後になって水が漏ってきたり、サビが出てきたりということが稀にあります。その後のことまで考えて材料の選択や施工方法を話し合っていくことが施工品質だと思います。

BMWのモール

2005/07/15

bmw_002
写真は手前にプジョーが写ってるので、プジョーの話しかと思ってしまいますが、今日の話しはその後ろに写ってるBMWの話しです。(笑)
BMWの特に旧5シリーズなのですが、フロントガラスとリアガラスのモール交換をご要望のお客様が非常に多いです。
経年劣化でモールが劣化して外れたり、ボロボロ崩れたりしてしまうことが多いんです。
別にそのままにしておくと雨が漏るとかガラスが割れるとかいうことはないのですが、見栄えが非常に悪く、気にする方は非常に気になります。
bmw_001
写真のお客様のクルマは、見事にフロントとリア両方ともボロボロ。お客様ご自身でシーリングをしたりしてカバーしていたようなのですが、やはりちょっと出来栄えにご満足されてないようで、両方のモールを交換して欲しいということでご来店されました。
モール交換だけで作業ができるかどうかは、、ガラスの状態や取り付け方法、取り付けてある状態により様々なのですが、リアガラスはガラス脱着を選択。これは難なくクリア。
問題はフロントガラスです。
ガラスの状態はそれほど悪くなく、脱着という選択肢もあるのですが、フロントガラスは合わせガラスで割れやすく、またこのクラスのこのBMWには、ルームミラーが防眩ミラーになっているのか、雨滴感知のレインセンサーが付いているのかわかりませんが、とにかくルームミラーに配線が付いていて、フロントガラスに接着してあるミラーベースと接続されています。そのため、フロントガラスは外さないでモールだけ交換できるようならばその方が作業の危険性も少ないし工賃も安く済みそうですので、まずモールだけを外して選択肢を探しました。
なんとかモール交換で出来そうだということでしたので、フロントガラスはモール交換で無事終了しました。

JAGU自動車ガラス施工技術者

2005/07/13

JAPAN AUTOMOTIVE GLASS ASSOCIATION
Japan Auto Glass Union

日本自動車ガラス販売施工事業協同組合(JAGU)
 

当店には「日本自動車ガラス販売施工事業協同組合(JAGU)」の技術検定試験に合格し、1級・2級技術者、フロントマスター認定者の資格を持つものが在籍しております。

「日本自動車ガラス販売施工事業協同組合(JAGU)」の技術検定試験に合格
 
1級・2級技術者、フロントマスター認定者の資格を持つものが在籍

高くて確かな技術で、安心と安全のサービスをご提供させていただいております。

 
認定証

JAGU「JAPAN AUTOMOTIVE GLASS ASSOCIATION」とは、自動車ガラスを通して、過去50年間に蓄積したノウハウをさらに磨き、お客様により安全で迅速なサービスと確かな商品をお届けしている信頼と実績のある全国組織の団体です。


 
安心安全高い技術の中央自動車ガラス

 

接着剤ミーティング

2005/07/13

U838
昨日は、弊社スタッフ全員と、弊社が通常使用している自動車ガラス用接着剤『ESSEX社ベタシール・シリーズ』の輸入元、グランドコーポレーションの弊社担当営業さんと、仕入先のガラスメーカー、旭硝子総代理店・オートグラス群馬営業所の所長という大所帯で、接着剤に関する勉強会を行いました。
弊社では定期的に(といってもかなり不定期ですが)、接着剤に関してスタッフ間だけでは解消の難しい疑問点がでるとこうして、接着剤メーカーに近い方をお呼びして勉強会を開いております。
現在の乗用車のガラス取り付け方法は、ほとんどが接着剤による接着式。枠ゴムで引っ掛けるようにして取り付けする『ウェザーストリップ式』という取り付け方法は、主にトラックなど限られた車種の一部のみです。
それだけに、自動車ガラスの取り付けに関しては、接着剤の質に大部分頼っているということになります。確かに『技術』というものは大事ですが、その大前提として、品質のしっかりした接着剤がないと話しにならないのです。
現在弊社で通常使用しているESSEX社の接着剤を、そもそも使用しようと決めたきっかけは、この輸入元の会社の担当営業さんの商品知識と我々の技術への問題提起の姿勢でした。
非常に怖い話しなのですが、自動車ガラスは接着剤で決まると言っても過言ではない状況のなかで、今まで弊社は実際に『接着剤の使用方法』を詳しくメーカーの方から聞いたことがありませんでした。以前までお付き合いしていた接着剤メーカーの方も、『何十年も自動車ガラスを扱ってる方々に、今更、使用方法や技術を云々言うのは失礼。』という理由で、あえて使い方はイチから説明はしないという営業姿勢でした。
しかしある時、弊社の施工したガラスに不具合が出た時、具体的には接着不良に起因する雨漏れだったのですが、接着剤の品質による可能性もあるのではないかと相談したのですが、「うちの接着剤はカーメーカーのラインに納入している立派なもの。オタクの施工と接着剤の使用方法が悪い。」という回答しかもらえませんでした。
そこからの反省も含め、接着剤を全面見直ししました。そして行き着いたのがこちらの接着剤です。
『イチから教えてくれ』と釘を刺しておいたのもありますが、この担当営業さんは色々教えてくれます。それはもう、ありがちな自社製品の賛美ばかりでなく、失敗談やクレーム状況まで。弊社の今までの接着剤の使用方法に関しても、ダメなものはすぐに遠慮なくダメ出し。それに対し対応策を我々現場スタッフの意見を聞いてアドバイスしてくれます。
昨日のミーティングでも、弊社が知らなかった、接着剤や我々の施工技術ではどうにもならない接着不良の原因になる要素が発覚!早速弊社スタッフの意見も出しながら対応策を話し合いました。
これからもよりよい関係が続くことを願っています。

取材記事

2005/07/11

am0508
先日このブログで『取材』という題名で紹介しましたが、7月8日発売号に掲載されました。
トップにカラーで『ボディリペア大全~プロに学ぶガラスのキズ修復テクニック』という企画が掲載されていましたが、残念ながら弊社はこちらのカラー企画の担当ではなく、82ページからの『PART07 フロントウィンドウ交換』という記事で掲載されました。
特集カラーのリペアに関する記事の取材場所は、我々のような自動車ガラス専門店ではなく、カーケアのプロショップだったことに少し驚きました。自動車ガラスも今までのような『特殊技能』『職人技』ではなくなったのだと、昨今の自動車ガラスの流通形態の変革なども頭に浮かび、改めてしみじみと実感しました。
いつまでも下請けという陰に隠れていないで、お客様に直接、自分たちの商品と技術に自信と責任を持って対応していかないといけないと思いました。
技術の見直し、弊社の体制の見直しなど、取材を通していろいろ勉強になりました。
どうもありがとう。オートメカニックさん。

To PageTop