中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2006/01

訪問

2006/01/28

今日は弊社が使用している、カーフィルム・カッティングマシンのシステム制作会社『株式会社 辰洋』さんの社長さんが来店された。

コピー ~ フィルムカッティングマシン 003
↑カーフィルム・カッティングシステムです。

大阪からこちらへご出張の帰りに寄ってくれたということですが、時たまこうして、顔を見せて下さいます。
(時たまといっても、一年振りぐらいですかね~?)

お会いするたびに、いつも色々と有益な情報を頂くのですが、今回もまた、色々と面白いネタを頂いた。

この社長さんとお話しするといつも、『あ~、こんな事できそうだ。こんな事もできるんじゃないか?』とその気にさせてくれる。
おそらく、社長さんご本人はそんな気などなく、ちょっとした世間話程度に色々とお話し下さっているんだろうけど、
そのなかにヒントが沢山ちりばめられている。

是非とも定期的にネタを落としていってもらいたいものなのだが、おそらく、毎月のようにお会いすると、ネタ切れになってしまうだろうから、
年に一回位が丁度良いのかもしれない・・・。

夢をありがとうございました。

2006/01/26

「小島のあん(兄)ちゃん、サッカーやってるんだってよ~。」

もう20年位前のことですが、当時、高校球児だった僕は、チームメイトの『小島』に兄貴がいて、
野球ではなくサッカーをやっているということを、他のチームメイトから初めて聞いた。

チームメイトの”小島”は、前橋で野球をやっていた同年代のヤツ等には超有名人だ。
小学校のリトルリーグ時代から、県大会常連チームのエースとして。中学に入ると、速球投手として将来を嘱望され、
進学先をアレコレ噂されていたほどだ。
高校に入学したら、同じ野球部に”そいつ”がいて、驚きと同時に、『甲子園』の可能性も感じ、嬉しくなったものだ。

『あいつのあん(兄)ちゃん=新島-同志社でサッカー』
そんなキーワードだけがアタマの片隅に残り、しかし僕たちは、甲子園に向かって日々、野球に明け暮れた。

”そいつ”は、周囲の期待そのままに、甲子園投手にまで登りつめた。

「アニキは何で野球やらなかったんだろ?」
絶頂期の”そいつ”の活躍を傍観しながら、そんな疑問がふと頭をよぎった。

高校を卒業し、大学、ノンプロの実業団でも”そいつ”が野球を続けていると、高校時代の別のチームメイトから報せを聞いていた頃、
日本のサッカーを巡る環境が激変した。

1993年、Jリーグ開幕。
Jリーグ・バブル。

そして1994年、ベルマーレ平塚(当時)、Jリーグ加入。

野球バカの僕としては、バブル景気に湧き上がる東京で、モテまくるJリーガーに、『サッカーは敵だ!』と、
わけのわからない嫉妬心を抱いていた。

そんな時、高校時代の野球部の同僚、そう、冒頭に、「小島のあん(兄)ちゃん」のことを僕に教えてくれたヤツが、また教えてくれた。

「小島のあん(兄)ちゃん、Jリーガーだってよ~。」

ベルマーレ平塚、ゴールキーパー、小島伸幸、群馬県出身。

誇らしかった。
お兄さんの顔なんて、1回も見たことないんだけど、たぶん手当たり次第に自慢した気がする。
僕の知ったかぶった自慢は、98年に絶頂を迎える。
我等のあん(兄)ちゃん(すでに”我等”になっちゃってる)、フランスワールドカップメンバー入り。

その後数年、そんな小島伸幸選手が、草津のサッカーチームにやってくる。
しかもJリーグを目指すらしい。

嬉しかった。
日本代表クラスで活躍した選手が、地元に戻って、また全国を目指すチームを作る。
活躍の場を、群馬に求めてくれたことが、本当に嬉しかった。
もしかしたら、群馬出身のJリーグで活躍する選手たちや、Jリーグを目指す選手たちが、続々と群馬に戻り、
群馬から全国を目指してくれるんじゃないかと、期待に胸が膨らんだ。

まずは応援したい。応援する気持ちを持ちたい。
それが2002年。
弊社が会社としてザスパを応援し始めた最初の年。

その後2年で本当にJリーグに上がってしまった。

小島伸幸選手引退の報を聞いて、ちょっと思い出話なんかしてみました。

本当にお疲れ様でした。

そして、どうもありがとうございました。
群馬県民にとって、ザスパ草津という夢はまだ続きます。
これからも宜しくお願いいたします。

中央自動車ガラス
        吉澤

 

 

 

 

 

フットワーク

2006/01/25

先日のこのブログのエントリー、『イヌ年ですよね。』に、気になる版画について書いたのですが、
その記事をみた前橋市の画廊、『セントポールギャラリー』さんのスタッフさんが、
早速その版画を持ってきてくれました。

STPG 002

このフットワークの良さ
弊社も見習いたいものです。

しかも、『この商機を逃すまい!』という、商売っ気が全面に出ているものではなく、「先日興味を持った絵はモチロン、素晴しい絵ですが、
じつは非常勤営業課長らいあんさんには、こんな絵も見てもらいたいんですよ。」と嬉しそうに、全然違う絵を持ってくるんです。

その絵がこちら。

STPG 001

惜しい!
何度も言うようですが、わたくし非常勤営業課長らいあんがサッカーが好きで、個人的な思い入れのため、
ザスパ草津を応援しているんじゃないんです。
会社で飾るにも、個人の趣味として購入するにも、ちょっと違っていました。

でも、別にこちらが絵が欲しいと呼んだわけでもなく、ただ呟いたようなものに、反応してくれて、いろいろと嬉しそうに提案してくれたのは、
こちらとしても思ってもみなかったことで、嬉しくなってしまいました。

『この方は、絵や人間が好きなんだろうな~。自分が好きな絵を、色々な人に見てもらうことが楽しいんだろうな~。』なんて考えながら、
お話しを伺っていました。

フットワークの良さ、商品を素晴しいと思う気持ち、それを誰かに伝えたいという気持ち・・・。

見習わなくてはいけませんねー。

 

求人活動

2006/01/24

昨日から、弊社の求人募集が始まりました。

求人ジャーナルさんに募集広告を入れました。

早速、応募者もあり、本日から面接が始まりました。

どんどんご応募下さい。お待ちしています。
一緒に会社をつくりあげていきましょう。

商売を続けていくこと。

2006/01/19

弊社のこのホームページ兼ブログについて、いつもお世話になっている会社、有限会社ライフコーポレーションの田村社長ご自身のブログの今日のエントリーに、『経営指針』
について書かれていました。

弊社も田村社長同様、会社の壁に誇らしく飾れるような経営指針や社訓などは持ち合わせておりません。

ただ思うことは、売れれば良い、売上げを上げればそれがエライ、利益を上げることが全て・・・、とは考えたくないと思っています。

利益追求が企業の目的ではあることは確かですし、社内でもそういった話しをすることはよくあります。
しかし、矛盾するようですが、それだけでは商売として成り立たないとも思います。

以前、このブログでも書きましたが、『自動車ガラス交換』という、弊社のメイン事業においては、弊社とお客様との出会いは、往々にして、
『不幸』なスタートが多いです。
・ 事故に遭ってガラスがワレた。
・ 高速道路を走っていたら、前から石が飛んできて、ガラスがワレた。
・ 車上荒らしに遭って、ガラスを割られた。
・ 子供のイタズラでガラスを割られた、傷をつけられた。
   ・・・。

弊社にご来店いただくとき、非常に残念そうにされるお客様が多いです。

その、ショックな時に弊社はお客様と出会い、サービスを提供させてもらい、対価を得ているわけです。

そんなお客様を前にして、『売れれば何でも良いんだ。』という考えは、おきません。

安心できるモノを、しっかりとした施工技術で、確実に作業し、お客様にお返しすること。
それが最低限のルールではないかと思います。

自動車ガラスは、ドライバーの目の前にある、安全装置です。
なにかがあったら、大事故に繋がりかねません。

想像してみて下さい。
高速道路で、事故や急ブレーキが原因で、自動車ガラスが外れてしまい、クルマ数台が巻き込まれる事故になった。または、
ドライバーがシートベルトをしていなくて、ガラスと一緒にドライバーまで車外に放り出されてしまい、2次災害に遭った・・・。

あってはならないことですが、そんなことまで想像しなければいけないわけです。

正直な商売をし、『自動車ガラス交換』というメニューで弊社と出会ってしまったお客様に対し、”あー、ここで良かった”
と思ってくださるようなサービスを提供し、お互いが笑顔でお話しできるような商売。
そして、お客様から頂いた対価のいくばくかを、アンラッキーな出会いが笑顔に変わったことに対しての感謝の気持ちとして、
社会に還元できたら、それが何かのお役に立てたら、幸いです。

そのひとつのカタチが、ザスパ草津への応援の気持ちなのかもしれません。

提供したものが、どういったカタチで使われるかは、また別の話しですが・・・。

 

 

 

月例勉強会

2006/01/17

12月11日のエントリーでもふれましたが、税理士さん、社会保険労務士さん、
司法書士さんが、ご自分たちのスキルを磨き合う、月に一度の勉強会に、またまた参加させてもらいました。

EGI

今回も勉強場所の提供をして下さったのは、弊社が各種保険でお世話になっている保険会社、㈱イージーアイさん。

メンバーさんたちは、お互いのスキルアップや人脈形成などの場として、この会をいろいろと発展させていきたいとお考えのご様子で、
今回出席したら、『志成会』という名前が付いてました。
一瞬、息の詰まった非常勤営業課長らいあんですが、まぁまぁ、名前負けしないような会になってくれればと・・・。

さて、今回の勉強会のテーマは『成年後見制度』について。
講師は、司法書士『リーガルポート』の齋藤先生。

勉強不足のイヌである、わたくし非常勤営業課長らいあんは、『成年後見』と聞いても、何のことかさっぱり解らず、
「成人の日を迎えた人の保証人か?」ぐらいに思っていたのですが、全く違いました

今回も非常に勉強になりました。
わたくし非常勤営業課長らいあん、今年で7歳になりました。生まれた実家のペットショップさんが言うには、そろそろ老犬にさしかかっているそうです。

そろそろ、任意後見制度を活用した方が良いのではないかと・・・。

 

 

イヌ年ですよね。

2006/01/12

休み明けでバタバタしてまして、年明けからブログの更新を行っていました。
新年早々、これではいけませんね。

今年はイヌ年ですから、気合いを入れていかなければと、わたくし非常勤営業課長らいあんは思っていたのですが・・・。

話しはスゴク飛んでしまいますが、弊社の事務所の壁には、ザスパ草津をはじめ、サッカーのユニフォームやら、絵画の額やら、版画の額やらが、
色々と飾ってあります。
元々、壁面が少ない事務所なんですが、ザスパの歴代のユニフォームを飾り続ける予定もありますので、
どんどんと壁面のスペースがなくなってきています。

そんな壁面の一コーナーに、版画が飾られています。

st.paul 002

この版画は、前橋にある 版画専門画廊『セントポール・ギャラリー』さんが定期的というか、不定期というか、
気分次第で交換に来るという、レンタル版画として持ってきてくれるのです。

絵は、好みもあったり、飾る場所の雰囲気も、季節もあるので、その辺をいろいろと考慮して、毎回いろいろ持ってきてくれます。

その『セントポール・ギャラリー』さんで働くスタッフさんがブログをもっているようなのですが、
そのブログの中でいろいろと作品の紹介がされているのですが、その作品のなかで気になる作品が。

10003654142 10003855592

イヌ年だけに、こんな作品、良いですね。

2006年最初の仕事

2006/01/5

本日より、弊社の2006年の営業が始まりました。

2006年初めのお仕事は、昨年末にご予約いただいていました、ガラスに付いたウロコのような雨ジミ(ウォータースポット)落とし、そして、
バスのフロントガラス交換です。

雨ジミは、かなり頑固なものでした。
弊社では汚れの段階ごとに3種類程度の雨ジミを落とす溶剤を用意しています。今回お預かりしたおクルマは、一見、
それほど頑固な汚れではないように思えたのですが、どうしてどうしてなかなか頑固なもので、溶剤だけではなかなか落ちきらず、
最後の手段のガラス研磨までしようかどうかという具合でした。

時間を掛けてなんとか綺麗になったのですが、予想を上回る時間を要しました。

日本中央バス 001 日本中央バス 002

そして、バスのフロントガラス交換です。
「どうしてもすぐに使うから、今すぐにでも交換して!」というご連絡をいただきまして、慌てて交換いたしました。
ガラスの在庫があって助かりました。

今回も、ガラステック関東改め、日本板硝子関東販売㈱さんとのコラボレーションでの作業です。

相変わらず、ホレボレするクレーン操作です。

今年も宜しくお願いいたします。

2006/01/1

コピー ~ IJ3K9693

新年、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

ここ数日来の強風と寒さがウソのように、穏やかで温かい元旦となりました。

皆様にとっても穏やかな一年でありますよう、お祈りいたします。

弊社は1月5日より平常営業いたします。
今年も変わらぬ御愛顧の程、どうぞ宜しくお願いいたします。

To PageTop