中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2007

先生になる

2007/12/30

新人研修の車両提供でお世話になった、群馬自動車大学校さんですが、
先日はまた弊社スタッフが講師として技術講習をさせてもらいました。

自動車大学校

既に群馬自動車大学校さんでは、弊社のような外部の業者を招いての授業というのは恒例となり、
弊社は年2回の授業を担当させて頂くようになりました。

今回はウェザーストリップ(ゴム枠)タイプのサイドガラスの脱着作業です。また、
今回は弊社スタッフの作業を見学中心ということではなく、実際に作業も生徒さんが行なってみるということで、
教習車のマーチがズラーッと10台近く並んでいました。

悪戦苦闘のなか、実際に作業をしてもらいましたが、見ているのとやってみるのでは全く違い、「ゲッ!全然思ってたように出来ねぇ!」
という悲鳴が挙がっていたかと思えば、「意外とオレ出来るかも!」なんて嬉しそうな声が挙がったりで、なかなか面白いものになりました。

なかには確かにセンスがある生徒さんもいて、そのままスカウトして帰りたいという思いでした。

 

新入社員研修

2007/12/29

先日、弊社に新しいスタッフを迎えました。

ここのところ毎年のように新社員を募集し、迎え入れているのですが、今年も新人を迎えることができました。
ちなみに、まだ若干名募集中です。

今回、ちょっと新しい試みに取り組んでいます。

今まで弊社では新入社員を迎えるにあたって、特段、新入社員研修など何も用意せず、OJTだけで新入社員教育をしていました。

技術スタッフを中心に、しかも中途採用がほとんどで募集していましたから、
経営コンサルタントや何とか研究所とかが主催する新社会人の心得え的な座学の研修はあまり意味をなさなかったんです。
ただでも、絶えず不安はありました。どうしても技術習得には時間が掛かりますし、
教えるといってもクルマによってガラスの取り付け方は千差万別。慣れるまでは見学を中心としたものになっていました。

ちょっとその考え方が変わったのは、以前に外国の同業者を見せてもらってからでした。
国内最大のガラスメーカーである旭硝子の方に無理にお願いを致しまして、以前にヨーロッパの自動車ガラス業者を見学させてもらったのですが、
大きなカルチャーショックを受けて帰ってきました。
まぁ、市場規模や業界の認知度からして日本とは全く異なるものなのですが、さすがにヨーロッパ全土に数百の店舗を持つだけのことはあって、
何もかもが弊社とは違っていました。

そのなかの一つに、新入社員研修制度がありました。
その会社には、研修センターというような立派な設備があり、エンジンやタイヤが付いていないボディだけのクルマや、
ドアの部分だけ外してあるものが幾つか並んでいました。そこで新入社員となったスタッフは数日、集中的な研修をして、その後OJTで研修、
そしてわずか入社後数ヶ月で一人で技術者として出て行くというものでした。

弊社では1年や2年掛かってしまう新人教育に、わずか1ヶ月かそこらで仕上げてしまうのですから驚きでした。
まぁ色々と細かい部分がありますが、あまりここで書くことは出来ませんので省きますが、弊社でも今回、そのほんの一部ですが、
真似してみました。

新人研修 001

新人研修 002

新人研修 003  

研修に使う車両を準備するのが最大の問題で、研修のためだけに車両を購入するのも出来ないし、
代車を傷だらけにするわけにもいかないし、解体業者から廃車を購入しようかと思っていたのですが、リサイクルの問題もあって処分に困る・・・

そんな矢先、弊社が年に何度か自動車ガラスとフィルム施工の技術講習で講師をさせて頂きお世話になっている、群馬自動車大学校の先生から、
車体整備課さんの授業で使っている車両がいくらでもあるので使って良いというお話しを頂きまして、これで最大のネックが解決致しました。

手探り状態で初めての試みですから、どうなるか分かりませんが、もしこれで新人研修が上手くいくようでしたら、
それは自動車大学校さんと旭硝子さんのお陰です。感謝いたします。

 

展示会と会議と展示会

2007/12/14

先日、弊社も加盟している自動車ガラス専門店が集まるボランタリーチェーン『グラスピット』の全国加盟店懇談会に行ってきました。

ちょうどその時は、グラスピットの運営母体である旭硝子の100周年記念技術展という催し物の開催期間ということもあり、
ついでに技術展も見学するというスケジュールでした。
大変な時期に行われた技術展がついでなのか、加盟店全国懇談会がついでなのか、
詳細はよく分かりません。)

 旭会議 001

旭硝子100周年記念技術展は、非常に勉強になるものや、小難しくてよく解らない技術など色々とあったのですが、
1956年に旭硝子が自動車用加工ガラス事業に本格的に進出したからこそ、今の我々があるわけで、色々と日々思うことはあっても、
 良好な関係を今後も続けていけたらと思いました。
それにしてもAGCグループはグローバルに色んなことをやってるんですね。自動車ガラス事業はほんの一部なんだなと改めて思いました。

場所を変えてグラスピットの全国懇談会が行われ、通常は地区ごとに行われている懇談会が今回は全国ですから、
普段滅多に会えない同業者さんと交流し、グラスピットそっちのけで色々と情報交換させてもらいました。
細々したことは省略し、自動車ガラス生産拠点のグローバル化や国内新車販売台数の減少見込みなど、なかなか厳しい環境のなか、
色々とコワイ情報が飛び交っていました。

 

翌日は、自動車ガラス施工専門工具の展示会があり、外国から業者が来ておりました。

旭会議 002

なかなか興味深い、すぐに使いたくなる工具もあれば、外国人じゃなきゃ使えないだろうという、無理矢理な工具もあり、
結構面白かったですよ。

ヨーロッパやアメリカでは認知されている自動車ガラス業。専門工具もなかなか発達しています。そんなの見てると、
まだまだ日本の自動車ガラス販売施工店業界は立ち遅れているなと焦ります。

 

 

新井敏弘選手、ワールドチャンピオン獲得

2007/12/8

bg-nav-top

弊社もラリー車のガラス交換・脱着作業とフィルム施工でお手伝いさせて頂いております、P-WRC
(プロダクションカー世界ラリー選手権)で世界で戦っている新井敏弘選手ですが、 最終戦のラリーGBにおいて、
ポイント2位のポッゾ選手のレース結果により、新井選手の2007シリーズチャンピオンが決定しました。

地元のラリージャパンでワールドチャンピオンを決めると意気込んでいましたが、残念ながら叶わず、
最終戦までもつれ込んだシリーズチャンピオンレース。
どうなることかとドキドキでしたが、なんとか2度目の世界一を決めてくれました。

群馬から世界一ですよ。凄いですよね。

また来期も弊社は応援していきたいと思っています。

 

季節はずれですが・・・

2007/11/17

ここ数日、めっきり寒くなってきた前橋です。

寒くなってくると、クルマのガラスもワレやすくなるのですが、弊社ではここのところ、フィルム施工が続いています。

カーフィルムというと、普通は夏場が売れる時期なのですが、なぜかここのところ受注やお問い合わせが重なっています。たぶん、
偶然なんだと思いますが・・・。

小泉

というわけで、弊社フィルムスタッフ・ヤス、頑張っております。

彼は先日行われました、WRC世界ラリー選手権『ラリージャパン』において、P-WRCのカテゴリーで3位に入った鎌田卓麻選手の車両のフィルムを 担当しました。
ラリー車初担当した車両がいきなり表彰台。ちょっと悔しいです。。。

やっちゃったクルマがいっぱい

2007/11/10

現在開催中の東京モーターショーに行ってきました。

地球環境をテーマにしている今回のモーターショーですが、いつものように各社のコンセプトカーは奇抜なデザインが揃っていました。

女性が好みそうなデザインが多く、事実、人ごみのなか見学している背後では、女性の『カワイイ~!』という声が多く挙がっていました。

しかし、デザイン的には新鮮な驚きがあるのですが、回を重ねるごとに、自動車ガラス業者から見たら、『やっちゃった感』が高まり、
違う意味で驚きを感じます。いや、批判じゃないですよ。

 

MS003

どこの入口から入ったのか分からないのですが、一番最初にみたクルマ、『ミツオカ・オロチ』でいきなり、「あ~、やっちゃった。」
と思ったら、更に上をいくデザインが隣のブースのヒュンダイにありました。
このサイドガラスと言うのかドアガラスと言うのか、一体どうやって着いているんでしょう。

昔、スバルにアルシオーネSVXというクルマがありました。 
デザイン的には素晴らしく、今でもマニアの間では人気なのですが、そのSVXのサイドガラスと言うのかドアガラスが、
やはりこのヒュンダイのコンセプトカーや光岡のオロチと似たデザインでした。
デザイン的には賞賛されるこのサイドガラスですが、ガラス交換では泣かされるものでした。また、経年劣化によるものなのか、
水漏れが多かったのも記憶しています。

 

『ガラス交換』『視界』という視点でしかモーターショーを見ていないわたくし非常勤営業課長らいあんとしては、この光岡&
ヒュンダイブースでいきなり洗礼を受けたのですが、その後続々と『やっちゃったデザイン』を目にすることになり、
アタマを抱え込んでしまいました。

MS004

これも似たようなサイドガラスのデザインですが、更にガルウィングです。
また、フロントガラスもルーフの方まで続いていますので、これもガラス交換を考えると・・・。

 MS006

ダイハツのコンセプトカーですが、一見普通のクルマに見えますが、写真では分かりづらいのですが、
フロントガラスの上部両端がルーフのに続いていました。まるで昔のヤンキーのソリコミみたい。

MS007

これはトヨタのコンセプトカーですが、フロントガラスの湾曲が尋常ではありませんでした。
これだけ湾曲していると、前方の視界に歪みが出ないか心配です。さらに、あまりに湾曲していると、強度も保てないような気がするのですが・・
・。

 MS008

 MS005

もうここまで来ると言葉が見付かりません。ガラスメーカーは大変だろうな。

 

 MS009

非常に真っ当に見えるレクサスLF-A。日産のGT-Rと並び多くのギャラリーを集めていましたが(ちなみにGT-Rには、
人が多過ぎて近寄れませんでしたが)、これはガラスも大丈夫だな~なんて思ったら、サイドガラス・・・。
リアフェンダーがガラスに被ってるよ。どうやってガラス交換&脱着するの。

打ちひしがれてそろそろ帰ろうかと思ったあるブースでは、さらに追い討ち。

MS002

あまりにもな形状です。

MS001

そりゃ量産出来ないだろうと思ったら、やはり樹脂(ポリカーボネート)でした。
もはやガラスでさえありません・・・。

こりゃあこの先、自動車ガラス業者は技術を今まで以上に磨かなければ大変だ、と感じる半面、
専門的な技術を持った我々じゃないと手に負えないだろうと、チャンスにも思えるわけです。

 

ただ、ふと、疑問に思ったのですが、随分と各社、クルマのルーフ部分までガラスとか、
全面ガラスとか視界オープンなデザインだったのですが・・・、

車内は相当暑くなりますよ。
 

環境には良くないと思うのですが。

 

 

インテリア・リペア

2007/11/1

interior

カーフィルムと並び、弊社の自動車ガラス以外のメニューとして、『インテリア・リペア』事業があります。

これは、クルマの内装のちょっとした傷、例えばシートの引っかき傷やコゲ穴、
ダッシュボードの傷やネジ穴などを目立たなくする補修です。

さすがに状態の酷いものは交換になってしまいますが、交換するには高いし、目立たなくなれば充分というものであれば有効な手段です。

長くお気に入りのクルマを乗っている方はもちろん、
中古車で売るのに少しでも綺麗に次のお客さんに渡してあげようという中古車業者さんなどから、結構お問い合わせを頂きます。

なかなかガラス関連作業と違う知識と技術が必要ですので、担当者も試行錯誤を繰り返しながら仕事を進めているようです。
 

お国柄?

2007/10/23

先日、自動車ニュースというサイトを見ていたら、面白いニュースがありました。

◆車のフロントガラスにチップ設置を義務付け、ブラジル・サンパウロ市

来年5月から装着が義務付けられるチップには、ナンバープレートや車台の
シャシー番号、更新コード(レナバン・コード)などの情報が保存されており、
サンパウロ市内に2500本設置されるアンテナを通し、車の情報がセンターに
送られる。走行速度を測定でき、スピード違反の取り締まりも可能という。

市は来年3月にチップ設置会社を入札で決定する。落札した会社は来年5月か
ら市内の車両のフロントガラスすべてにチップまたはタッグを据え付ける。
装着コストは車の罰金から徴収される基金で賄われ、車のオーナーの負担は
ない。チップやタッグを設置せず市内を走れば127レアルの罰金が科せられる。

市内を走行中の3分の1の車は、無免許や自動車税の遅滞、罰金の不払い、
クローン・ナンバープレート車など違反車両とされている。

http://www.spshimbun.com.br/content.cfm?DA_N_ID=12&DO_N_ID=19350

弊社がある群馬県には、大泉町というところがありますが、『リトルブラジル』と言われるほど、
ブラジル人やペルー人の方が多く居住しています。大規模な工場が多く、彼らに労働力を頼っているからなのですが、大泉町に行くと、
南米の食料品を扱うスーパーやレストランが点在していたりとなかなか面白いのです。サッカーのワールドカップやトヨタカップになると、
テレビ局などがよく取材をしています。

ちょっと横道に反れてしまいましたが、冒頭で紹介したのは、群馬県民にとってはそんなやや身近なブラジルのニュースなんですが、
フロントガラスに車両の情報を記録したチップを取り付けるということです。

日本でも、自動車のフロントガラスに何やらお国発行のステッカーが貼り付けてありますね。

車検ステッカー 001

車検ステッカー 002

 

 日本では↑の写真のようなステッカーが貼られていますね。

これらは、車検整備がされて、安全に走行できる車両ですよと公に証明することを目的としているのだと思いますが、
今回のブラジルのニュースは、車両の安全面というよりも、違反者の検挙など違う意味の安全性を目的にしているようです。

車検ステッカー 003

↑の写真は、弊社店舗に飾っている、スバル・ラリーチーム・
アライがWRCで実際に走っていた車両のフロントガラスがワレて交換した際の破損ガラスなのですが、
そのガラスにも車検ステッカーのようなものが貼り付けてありました。これはどこのものかよく分からないのですが、想像すると、
どうも日本と同様、整備という面で保障されているという車検ステッカーだと思います。

そういえば先日、イギリスの自動車ガラス施工店の方のお話しをうかがう機会があったのですが、その地方では、
やはりフロントガラスにステッカーが貼られていますが、それは税金を払っているかどうかを証明するステッカーなんだそうです。
「ここでは車両の安全よりも、税金の方が重要なのさ。」とブリティッシュ・ジョークを披露していました。
(ブリティッシュ・ジョークなんて言い方あるのかな?)

 

こんなのもやります

2007/10/20

iseki

我々自動車ガラス業界って、かなり狭く特殊な世界で、一般の方にはなかなか、そんな業界があるのを理解されません。

たまにお客様とお話しさせてもらうと、クルマのガラスがワレたとなると、
大掛かりな機械を使って自動車メーカーで交換しているんじゃないかとか、逆に、
まっ平のガラスをその場で切って加工して入れてるんじゃないかとか、
普段自動車ガラスを扱っている我々には考え付かないイメージを持ってらっしゃるんだなぁと感じることがあります。

よくあるお問い合わせなんですが、「クルマのガラスがワレたんですけど、そちらはクルマのガラスを扱ってる会社なんですか?
どんな車種でも大丈夫なんですか?」 と聞かれることがあります。

「ハイ。その専門店です。」
「車種は全て大丈夫です。タイヤが付いてればなんでも。タイヤじゃなくてもキャタピラでも大丈夫です。」

こんな答え方をすることが多いのですが、『タイヤじゃなくてキャタピラ』なんて言うと、電話でお問い合わせの方は一瞬沈黙するか、
ご来店のお客様は“舐めてるのか?”みたいな顔つきをされる方が大半なのですが、その後説明すると、「へぇ~!」と逆に笑ってくれます。

今日はそんなお仕事。

写真のように、クルマじゃないクルマのガラスも交換するのです。

農機具であったり、建築機械であったり・・・。
上の写真は大型トラクターですが、大型クレーン車やフォークリフト、はたまた装甲車なんてのも交換します。

なかなか乗用車を乗ってるお客様には、理解出来ませんよね。

 

 

 

これもラリーに出るのかな?

2007/10/13

civic

ちょうど前回、SUBARU RALLYTEAM ARAIについて書いたところでしたが、昨日ご入庫頂いたお客様は、
スバルのインプレッサというわけではありませんでしたが、同じくラリー競技用の車両でした。

使って頂いたガラスは、モータースポーツ用車両向け軽量ガラス『SPEED GLASS』。

civic 001

従来のフロントガラスよりも軽量化されておりますので、コンマ1秒を争うモータースポーツでは、
このわずか2~3㎏のフロントガラスの重量差が、大きなアドバンテージになるはずです。

以前にもチーム・アライのメカニックに話しを聞いた時も、極限まで軽量化した競技車両で、
そこから2~3㎏減らすというのは驚異的なことだということです。

国内の車検にも、N1、GT、S耐などJAFの各国内競技のレギュレーションに通っていますので、安心して使えると思います。

でも、これも入荷するまで結構待ったんですけどね。在庫はあるのに5日程。日本なのに。

To PageTop