中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2007/03

あまり表に出ないことですが

2007/03/24

ザスパ練習 003

先日、三洋電機ワイルドナイツのスタッフさん との打ち合わせのため、
三洋電機ラグビー部グラウンドに併設されているクラブハウスに出掛けました。

新加盟選手が着るウェアへ、チームロゴを入れる打ち合わせだったのですが、グラウンドの駐車場に見慣れたカラーリングのクルマが・・・。

ザスパ練習 002

そう、ザスパ草津のチームバスと練習用品を運ぶトラックが留まっているのです。

三洋電機ワイルドナイツのスタッフさんと、ザスパ草津の広報さんが一緒にいたので、お話しを聞いたら、ザスパの練習場所として、
三洋グラウンドを開放することになった
んだとか。 この日は既に、数回目だということです。

ザスパが練習場確保に苦労しているのは、地方新聞などによく掲載されていることです。
インフラ整備がままならず、他のJリーグチームと比較すると、恵まれているとは言えない環境で日々頑張っています。

昨年、ザスパ草津と三洋電機ワイルドナイツは、『同じ群馬で活動するチーム同志』ということで、提携しました。
当初、その目的は漠然としたものでしたが、これも提携関係の一環と考えれば、いよいよカタチとして現れてきたということでしょうか。

考えてみれば、一企業で管理している敷地、しかもそれはただの平地ではなく、日々、芝の管理をしたり整備にお金がかかっている所有地を、
外部に開放するということは凄いことだと思います。

こういったギブ&テイクが、これからも進んでいくことは、インフラ整備が遅れている群馬のスポーツ界にとっては理想じゃないのかと思います。

残念なのは、こういったニュースが、全然伝わっていないということ。

いよいよ、ザスパ草津のJリーグ3年目が開幕しました。
与えられるばかりではなく、頑張って我々サポーターにも、伝わる試合をして欲しいところです。

本当の気まぐれになってます。

2007/03/10

約1ヶ月ぶりの日記でしょうか。
タイトルどおりの気まぐれ日記になってしまっています。

ここのところ、ちょっと変わった仕事が続いたので、ご紹介したいと思います。

コピー ~ 360 002

まずは、スバル360の リアガラス交換のお仕事。
リアガラス交換と言っても、実際はガラスではなくて、アクリル板で出来ています。もしかしたら、ポリカーボネイト板かもしれません。

このスバル360・別名『てんとう虫』、マニアには未だ根強い人気があるようで、弊社では年に1~2回、
このリアアクリル板の交換のお仕事が入ります。
ガラスではないため、経年劣化のため、割れのほか、アクリル(ポリカーボネイト)が白く変色してしまったりで、
交換を希望されるお客様が多いのです。
これがかなり大変な作業になります。

なにせ古いクルマですから、部品がまともに揃わなかったり、部品があってもクルマとカタチが合わなかったりで、
取り付けが困難だったりします。
今回も何日もお預かりして、数人がかりでやっと取り付けたという感じです。

このスバル360のリアガラス(アクリル)を交換するには、大抵、アクリルだけでなく、天井も外さなければ交換できないのですが、
この作業途中の姿がなんだかおかしいのです。

360 002

今回は写真を撮っていなかったので、これは前回の写真ですが、ルーフ(天井)部分も外すと、なんだかヘンなんです。
まるで猿のアタマを手術しているようで・・・。

コピー ~ ポルシェ 001

次ぎの仕事は、うって変わって高級車のポルシェです。
しかもこの日は、写真はありませんが、2台続けての作業となりました。
ポルシェを2台並べてガラス交換。壮観な絵でしたよ。
(作業を担当したスタッフは緊張したと思いますが。)

日本中央バス 034

そして最後が観光バスのフロントガラス交換なんですが、珍しいお仕事というよりは、珍しい工具を使った仕事となりました。

日本中央バス 035

バスって、普通のクルマと違って、ほぼ受注生産のハンドメイドだったりするわけなんですが、 そのため、
年数が経つと経年劣化でアチコチ痛んできたりします。
この日のバスも、ガラス交換歴があったとか、交換に不具合があったというわけではないのですが、ワレたガラスを外してみたら、
結構な錆び具合。
幸いにも錆びによる水漏れは起こしていなかったのですが、それでも、そのままガラスを取り付けるのは危険と、弊社特殊車両グループ、
グループリーダー・ミヤタが判断しまして、あらかじめ錆びを落とすことにしました。
写真↑がその風景ですが、なんと、錆び落としの為、ベルトサンダーを使っていました。
ガラス交換には普段使わない工具です。
ちょっとビックリ。

 
 

To PageTop