中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

totoで思ふ自動車ガラス業者の広告戦略

95気まぐれ日記

随分前の話しになりますが、スポーツ振興くじ(toto)の“BIG”のキャリーオーバーが積み重なり、
6億円の当選金額が当たるチャンスと、totoBIGの売上げが凄いことになり、サーバーがパンクしたなんてニュースがありましたね。

覚えてくれている方がいらっしゃるかどうか分りませんが、弊社も過去、totoの販売店でした。

2年前に契約満了となり、更新をしなかったため、販売業務を終了しました。

なぜ更新しなかったかと申しますと、弊社にtotoの販売力が無かったのが主たる原因で、掛かる経費をペイできなかったのですが、
その他の要因として、
弊社のような端末1つの契約をしている販売店が利益を上げるのはもはや不可能なほどtoto自体の売上げが低迷していたこと、また、当初の
(今もそうだけど)目的が、売上げを助成金として地域のスポーツ環境に還元していくということのはずが、売上げ激減のため、
助成金がほぼ支払われないという現状で、回復の見込みも少ないというのも一つでした。

久しくtotoのことは忘れていたのですが、BIGのニュースで久しぶりにtotoの存在を思い出しました。

それがまた面白いことに、テレビやラジオ、新聞などあらゆるメディアに載ったあの1節だけ、既に2年前に販売店契約を終了したというのに、
弊社に問い合わせが続出したんです。

わざわざご来店いただいたお客様もいらっしゃれば、お電話にて問い合わせ下さった方も多く、「toto売ってましたよね??」
という感じでした。

話しは飛びますが、弊社の主たる業務である自動車ガラス業界というのは、色々な小売業のなかでも
『ダイレクトマーケティングが通用しない珍しい業種』と言われています。
自動車業界で言えば、車検やオイルやタイヤのように、時期になれば、減ってきたら、定期的に交換、修理するといったものではありません。
一生のカーライフのうち、一度もガラス交換を経験しない方も多く、新車販売における自動車ガラス交換率は、1割にも満たない、数%
だと言われています。

チラシを撒いても、テレビCMを流しても、急激に売上げが上がるというものではない商材です。

必要ではないとは言いませんが、お金を掛けたマス広告はあまり意味がありません。特に、我々施工店は、売りっ放しで良いというわけではなく、
施工が伴いますので、全国的なマス広告は無駄といっても良いかもしれません。
しかし、局地的にピンポイントで広告を打っても響かないのも事実。
例えば今日、6月15日に前橋近辺に折込みチラシを入れたりポスティングしたりするとしても、
そのうちの何人の方のクルマのガラスがワレているか・・・。
SALEだと広告を打っても、余分に買うものでもなく、自身のクルマのガラスに何かなければ、あまり心に残るお得情報ではないのです。

それじゃあ、我々には広告って意味がないのか??

それもまた違います。圧倒的に認知度が低い業界ですから、認知活動をしなければいけません。

今回のtotoの件が非常に良いヒントをくれたと思っています。

既にやめてしまって2年も経つのに、有事には思い出して貰えたんですからね。

 

“totoで思ふ自動車ガラス業者の広告戦略” への2件のフィードバック

  1. kei助 より:

    僕もtotoを買い続けて半年ですが、あたりませんね(^_^;)あたれば!! ……………
    ところで本題ですが、僕も自動車ガラス専門店で働いてます。ある程度の広告は必要だと思ってます。
    特にうちの会社は、国道から入りこんだ場所で会社に看板もなし、営業車にももちろんなし(T_T) ほぼ99%がディーラー、サブディーラー相手の商売です。一般の消費者も視野にいれれば………
    問題は、従業員が僕(29)をのぞいて、53~59の3人(社長を含め)、事務員(社長の奥さん)56、なので”新しい事はできない”というのが社長の意見です。ならば、”せめて若い人材を”といえば、”上2人の給料が高いから、従業員は増やせない”と言われました。僕には妻と3人の子供がいて、給料だけではやりくりできず、夜自宅で内職をしながら生活してる状態です。
    半年前からtotoを小遣いで買いながら、国道沿に自分の店をオープンさせることを目標に日々頑張ってます。もちろんこつこつ貯金をしながらですが(^_^)v
    転職も考えましたが、今の仕事が楽しいから、家族がいるから頑張れるんでしょうね。独り身なら、今頃なんの仕事をしていることやら(-_-;)
    なにはともあれ、広告で認知度をあげ、なにかあったらこの会社に!!という会社を目指したいと思います。
    ほとんどがグチになってしまって、申し訳ありませんでしたm(__)m

  2. >kei助さま
    コメントありがとうございます。
    またも同業者さんですね。
    totoは当たりませんよ。当たっても3等までですね。
    さて、広告に関して、また、ご自身が会社内でおかれている立場について、どうもありがとうございます。
    kei助さんのお悩みって、じつは全国の自動車ガラス業者共通の悩みでもあります。
    この業界が成り立っておおよそ40年。一部大手の同業者さんを除いて、ほとんどが零細、もしくは個人事業者です。そして大体が世代交代に悩みを抱いているか、スタッフの年齢差に頭を抱えています。
    今の仕事が楽しいのであれば、是非頑張ってください。前向きな気持ちがあれば、会社内は変わってくるはずです。建設的な意見が言えるスタッフは重要です。批判と建設的な意見は別物です。
    今までとは違い、下請けとして目立たず主張せず、言われたことだけ着実にやっていくということでは危うくなっています。かといって御社の1%に満たない一般ユーザーに、いきなり注視しろというのも確かに暴力的な話しかもしれません。
    縁あって同じ業界で働いている身、一緒に考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To PageTop