中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2009

授業

2009/10/11

先日、いつもお世話になっている、 target=”_blank”>群馬自動車大学校さんでの講習に行ってきました。

今回は、群馬自動車大学校さんの生徒さん方が、
自動車車体整備の授業で使う講習車のガラスを取り外す作業を見てもらうというものでした。
鈑金作業を行うのにガラスが邪魔ですから、ガラスを取り外して、鈑金作業の実習が終わったらまた取り付けるという感じなのですが、
そのお手伝いです。

“http://www.auto-glass.co.jp//media/file_20091011T142446359.jpg”
target=”_blank”> style=”WIDTH: 180px; HEIGHT: 135px”
height=”135″
alt=”授業 014″
hspace=”0″
src=
“http://www.auto-glass.co.jp//media/img_20091011T142442406.png”
width=”180″
border=”0″ />

群馬自動車大学校さんでのいつもの授業では、ガラス交換やリペア、フィルム施工などを、
ゆっくりと説明しながら見てもらうということを心掛けていますが、この授業は、より実践に近く、
我々がいつも行っている作業という感じで見てもらっています。
当然、作業スピードも違うので、「げっ!この間と全然違う!」なんて感想を漏らす生徒さんもいました。

群馬自動車学校の先生からは、「講習車ですから、傷とか気にしないで作業して下さい。」
という温かいお言葉を頂きましたので(笑)、
弊社もまだ経験の比較的浅いスタッフを中心に作業させてもらいました。

普段のお客様のクルマでは、『傷をつけるなんてもってのほか』と、注意深く作業していますので、
なかなか経験の浅いスタッフに全て任せるということが出来ません。このような機会を与えて頂き、非常にラッキーです。

経験を重ねた先輩スタッフがアドバイスを送りながらではありますが、多くの生徒さんが見ているなかで、
自分独りで作業を進めるというのは何よりも大きな勉強になったと思います。

この日は10数台の車両のガラスを取り外す勉強をさせてもらいました。授業終了後に先生から、『一緒に写真を撮りましょう!』
とお誘いを受けまして、皆さんでパチリ。
良い記念になりました。

 

“http://www.auto-glass.co.jp//media/file_20091011T142447734.jpg”
target=”_blank”> style=”WIDTH: 180px; HEIGHT: 135px”
height=”135″
alt=”コピー ~ P1070447″
hspace=”0″
src=
“http://www.auto-glass.co.jp//media/img_20091011T142443671.png”
width=”180″
border=”0″ />

フロントガラス破損補償保険

2009/09/3

8月24日、ブロードマインド少額短期保険株式会社から、クルマのフロントガラス破損に特化した保険
『フロントガラス破損補償保険』が販売開始されました。

main-img

この『フロントガラス破損補償保険』は、弊社も会員であるJAGU(日本自動車ガラス販売施工事業協同組合)との共同検討により商品化されたもので、
フロントガラスの破損に対象を絞った業界初の保険です。

従来の車両保険と違い、補償の対象をフロントガラスに絞ったことで、保険料が車両保険と比べて非常に割安になっているようです。

まだ取扱店などの情報は分りませんが、フロントガラス交換を一度ご経験された方は皆さん大体、「結構高いんだねぇ。」
「車両保険に入ってれば良かった。(涙)」というイメージをお持ちだと思いますので、クルマに乗る機会が多い方や、
高速道路を使う機会が多い方は要Checkだと思います。

 

久し振りの観戦

2009/09/2

冠マッチ 011

先日の日曜日、久し振りに地元群馬で頑張るJリーグチーム・ザスパ草津の試合を観戦しました。

台風が近づき、あいにくの雨でしたが、強豪コンサドーレ札幌を迎えてのホーム戦に約3,
700人のサポーターが熱い応援をしていました。

試合は残念ながら、札幌に個々の強さを魅せつけられるような展開で2-5で敗れてしまいましたが、個人(個犬?)
的には久し振りのスタジアムの空気を感じられ、非常に楽しかったです。やはりスポーツイベントは現地ですね。

なかなか結果が出ないザスパですが、短絡的な結果ではなく、長い目でみたクラブの方向性を見せてもらいたいと感じます。

10年後も、50年後も続くクラブには、その場の試合結果の強さばかりでなく、色々な強さが必要だと思います。

 

ワゴンRデー?

2009/08/31

ワゴンR3台

先日は、なぜかワゴンRのフロントガラス交換が続きました。

1日に3台。

弊社スタッフも、どれにどのガラスを使うのか間違えないように必死。
その前日にはMRワゴンのフロントガラス交換も入っていて、スタッフ・ミヤタが一言ポツリ。

「スズキ協力店のようだ…。」

たしかに。

 

 

ラグビークリニック

2009/08/29

コピー ~ IMG_1578

 コピー ~ IMG_1541

 コピー ~ IMG_1555

先日、弊社が協賛するイベント、『三洋電機ワイルドナイツ・ラグビークリニック』が行われました。

このイベントは、中学校にラグビー部のない群馬県の中学生ラグビープレーヤーの為に、
地元群馬で活動する日本一のラグビートップリーグチーム・三洋電機ワイルドナイツ様にご協力を頂き、
ラグビーの技術指導をしてもらうというものです。

以前に群馬県ラグビーフットボール協会のジュニア委員会の方とお話しさせて頂く機会があり、学校の勉強と部活を両立、
学校行事を優先しながらラグビーを続けなければならない群馬の中学生ラガーの競技環境の厳しさを伺い、
弊社で何かお役に立てることがないかと、弊社もオフィシャルパートナーである三洋電機ワイルドナイツ様にご相談した結果、
弊社からは子供たちに練習道具や用品、イベントの機会などインフラを提供し、
ワイルドナイツ様からは技術指導役の選手の派遣とグラウンドの使用をご協力頂くということで、昨年から開始されました。

年に3~4回と、限られたものではあるのですが、日本のトップであるチームの指導を直接、
まさに選手に身体をぶつけながら指導を受けられますので、子供たちは急激に技術と自信が身に付くのではないかと思います。
その甲斐あってか、第1回の昨年のメンバーたちは、全国大会に出場することができました。

全国ジュニア 016

普段から積極的に地元で行われるイベントに参加し、群馬に根ざしているワイルドナイツのメンバーも、子供たちの指導を積極的に、
そして本当に楽しそうに進めて下さっています。

ラグビーは、2019年にワールドカップが日本で開催され、2016年のオリンピックでは公式競技として推薦されているようです。

2019年というと、ちょうど10年後です。
もしかしたら、このクリニックの卒業生が世界を相手にプレーすることがあるかもしれません。

そんなことを想像すると、こんなイベントに協賛できることを嬉しく感じます。

頑張れ!群馬のジュニアプレーヤーたち!

 

 

 

厳しいとか言う前に

2009/08/19

厳しいとか、売れないとか言う前に、自らの足元をきちんと見るべきだ。

不良品 001

 不良品 002

 不良品 004

↑の写真はほんの一部なんだけど、全て不良品であったり、管理ミスで傷を付けて売り物にならなくなってしまったガラスの写真です。

このサイトの過去ログ2007年6月11日に『メーカーがQCに言い訳しだしたらオシマイだ。』
という題名でも書きましたが、ここのところ、ガラスの品質が非常に悪い。
どこのガラスメーカーがということではなく、全てのガラスメーカーの品質が悪いのだ。カーメーカー純正も、
いわゆる社外品と呼ばれている廉価品も、クールベールなどの機能性ガラスも、総じて悪い

ほぼ毎日返品騒ぎである。その都度、新しいガラスが来るまで数時間待たされ、作業が遅れていく。

 

そのことで、誰が一番被害を被っているか考えたことがおありでしょうか??

我々ガラス商・施工店でしょうか?
カーディーラーさんや自動車修理会社さんでしょうか?
それともディストリビューターさん?

いいえ。高いおカネを出してガラス交換をして下さる、自動車ユーザーさんです。

 

嘆く前に、自分(自社)の責任をまっとうしていますか?
我々はガラスを安全に交換することが責任です。施工責任です。
ガラスメーカーさんは、安全部品のひとつと言われるクルマのガラスを、より良い品質で作るのが責任です。製造物責任です。
卸業者さんは、商品を傷なく管理して我々のところまで運んで下さるのが責任です。管理責任です。
そしてお客様に、品質の良いガラスを安全に少しでも早く交換してお渡しすることが、メーカー・卸・小売が一体となりご提供できる責任です。
特別なことではなく、当然なことを当然なこととして遂行する。
凡事徹底です。

 

『売れない』『買ってくれない』には、景気悪化や業界再編、異業種流入などの外的要因の他に、何か理由があるはずです。

言い訳する前に、全力を尽くしているのでしょうか。
外的要因を言い訳にしたって、何の解決にも繋がらない。

嘆く前にやることがあるはずだ。
コスト削減は結構なことだが、信用を削減してはいけない。

何も弊社に特別なことをして下さいとは言っていない。
凡事を、当然なこととして責任持って着実に変わらずやってもらえたら良いだけである。

品質の良い、傷の無いガラスを、時間通りにきちんと届けてもらいたい。
ただそれだけが、切なる願いである。

 

 

先生になる

2009/08/3

先日、弊社スタッフが講師となる機会がありました。

授業 009

 授業 010

 授業 011

 群馬自動車大学校様での授業が今年も行われました。

この授業は、自動車大学校様の車体整備課の生徒さんたちに、自動車鈑金作業と関わりの深い自動車ガラスの作業を体験してもらおうと、
毎年恒例となっているものです。

今年も例年通り、フロントガラス脱着作業、フロントガラスリペア(補修)、カーフィルム施工をメインに見学してもらいました。

見学ばかりではなく、時には生徒さんたちに実際に作業してもらったり、作業中でも好きなように質問してもらったりと、
参加型の授業にさせてもらいました。

今年は例年より生徒数が多かったのですが、人数ばかりではなく、メモを取る生徒さんも数人いたりして、
例年になく熱心な生徒さんがいたのが印象的でした。

毎年思うことですが、普段何気なく行っている作業の再確認という意味で、僕等の方が勉強になる一日でした。

どうもありがとうございました。

 

ダイヤモンドペガサス

2009/07/23

先日、観光バスのフロントガラス交換のご依頼を受け、弊社・特殊車両グループスタッフが某所へ出張作業へ向かったのですが・・・。

ダイアモンドペガサスバス 001

車両はプロ野球独立リーグ(BCリーグ)の群馬ダイヤモンドペガサスの選手バス。

なんと作業場所は、ザスパ草津の選手バスの隣でした。(笑)
地元群馬で活動しているプロスポーツチームが両隣。

ダイアモンドペガサスバス 002

 ザスパ草津のオフィシャルパートナーとしては、群馬ダイヤモンドペガサスというと、羨ましいことがひとつ。
群馬出身の人気漫画家・あだち充さんが描いたダイヤモンドペガサスのイラストを広報や販促として使っているということ。
(おそらく)経営状況の厳しい地方のプロスポーツチームにとって、
あだち充さんのイラストを使えるというのは大きなアドバンテージだと思います。
このバスにも、あだち充さんのイラストが大きくラッピングされていました。

ダイアモンドペガサスバス 003

ダイアモンドペガサスバス 004

 ダイアモンドペガサスバス 005

この日の群馬は、今年の最高気温を記録した日で、しかも炎天下での作業。
バスの年式も少し古く、想像していたよりも作業時間が掛かってしまい、弊社特殊車両グループスタッフはヘロヘロになっていました。

 ダイアモンドペガサスバス 006

完成。ザスパバスと並び壮観。

今は夏の高校野球地区予選の真っ最中ですが、BCリーグもプレーはもとより、しっかりとした経営と広報活動をして、
地元高校球児や少年野球少年少女の目標、と受け皿になってくれるよう、頑張って欲しいところです。
直近に行われた新潟アルビレックスBCとの試合での観客動員は786人とのこと。プロスポーツの興行としては少し寂しい数字。
ザスパ草津の動員数も決して十分とは思いませんが、3桁はさすがに経営的にも盛況感としても危ない数字です。
頑張って欲しいところです。

 

インテリアリペア

2009/07/9

先日は、メルセデスベンツのインテリア・リペア(内装補修)のご依頼を受けました。

BMWインテリアリペア 001

オーディオなんかがある横のパネル、なんて言うのでしょう?コンソール・パネル??
の色がかなり剥げてしまっているというご相談でした。

 BMWインテリアリペア 002

全体的に上から下まで部分部分派手に色落ちが目立ちます。
剥がれた面積など考えて、難しいかな?全体的に塗装しなければで大掛かりになるかなと思ったのですが・・・。

 

BMWインテリアリペア 003

 BMWインテリアリペア 004

数日後には、こんな感じで出来上がりました。

インテリア・リペア担当、オノによると、特にひび割れとかはなかったので、うまくいったということです。

 

とんでもないドアガラス

2009/06/21

先日、ドアガラス交換でお客様にご来店頂いたのですが、なかなか面白い仕事でした。

ちょっぴりお客様がエキサイトしてご来店。ワケを伺うと、『車上荒しに遭った』『持ち物の他にドアガラスを割られた』
『ドアガラスの修理を断られた』という3連発とのこと。それは怒ります。

弊社でガラスの在庫を調べると、たまたま明日には入荷するようで、そのままお預かりとなったのですが・・・。

ガラス入荷前に出来る準備をしておこうと、弊社スタッフがドアガラス交換のためドアの内装を外そうとしたのですが、
開けたドアの前で固まったまましばらく動かない・・・。

「コレ、どうなってるか想像つきます??」
何の事かと思ったのですが、どうやらドアの内装がちょっと変わっているということらしい。

クライスラー 002

クルマは↑コレ。Smart 。

う~ん、Smart自体も珍しいけど、そのドアガラスとは・・・。

しばし色々とやってみたのですが、どうも何か違う。なんと言うのか、もう、通常の日本車の常識をアタマから疑った方が良いという感じ。
だって、ドア自体が鉄板じゃなくてポリカーボネイト製だったりする。

う~ん、これはなんだか遠い昔にちょっと見たことがある作りに似ている。。。
その時も強烈なカルチャーショックを受けたのを覚えてるけど、あれは確かA○d○だった。

その時の記憶を頼りに、少し調べながら作業を進めていくと・・・、ヤッパリ!

クライスラー 001

クライスラー 003

ドアの内装(内張り)をバラすのではなく、外側のドアパネルをバラすんだった!!

強烈です。考えられません。

無事に作業が済んで良かった。 

To PageTop