中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

とんでもないドアガラス

95気まぐれ日記

先日、ドアガラス交換でお客様にご来店頂いたのですが、なかなか面白い仕事でした。

ちょっぴりお客様がエキサイトしてご来店。ワケを伺うと、『車上荒しに遭った』『持ち物の他にドアガラスを割られた』
『ドアガラスの修理を断られた』という3連発とのこと。それは怒ります。

弊社でガラスの在庫を調べると、たまたま明日には入荷するようで、そのままお預かりとなったのですが・・・。

ガラス入荷前に出来る準備をしておこうと、弊社スタッフがドアガラス交換のためドアの内装を外そうとしたのですが、
開けたドアの前で固まったまましばらく動かない・・・。

「コレ、どうなってるか想像つきます??」
何の事かと思ったのですが、どうやらドアの内装がちょっと変わっているということらしい。

クライスラー 002

クルマは↑コレ。Smart 。

う~ん、Smart自体も珍しいけど、そのドアガラスとは・・・。

しばし色々とやってみたのですが、どうも何か違う。なんと言うのか、もう、通常の日本車の常識をアタマから疑った方が良いという感じ。
だって、ドア自体が鉄板じゃなくてポリカーボネイト製だったりする。

う~ん、これはなんだか遠い昔にちょっと見たことがある作りに似ている。。。
その時も強烈なカルチャーショックを受けたのを覚えてるけど、あれは確かA○d○だった。

その時の記憶を頼りに、少し調べながら作業を進めていくと・・・、ヤッパリ!

クライスラー 001

クライスラー 003

ドアの内装(内張り)をバラすのではなく、外側のドアパネルをバラすんだった!!

強烈です。考えられません。

無事に作業が済んで良かった。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To PageTop