中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2010

我々には降りてこないプロモーション

2010/12/27

image_h1

弊社の主要取り扱いメーカーである旭硝子は、今月から世界で初めてUV(紫外線)カット率約99%を実現した自動車のフロントドア用UVカット強化ガラス『UVベールPremium』を発売した。

 

今までも、特に女性をターゲットにした軽自動車などに、運転席・助手席のドアガラスに『UVカットガラス』が採用されていましたが、じつはそのカット率は70~90%で、完全なUVカットとは言い難いものでした。また、日焼けのもととなる『紫外線』と、ジリジリとした暑さを感じる『赤外線』とが混同されていたりします。

弊社で今、販売好調なUV&IRカット高機能フロントガラス『クールベール』をお客様にご紹介する時も、運転席と助手席もUVカットやIRカットガラスがあればと感じる機会が非常に多いです。
群馬は運転席と助手席のフロントドアガラスには、たとえ透明で可視光線透過率70%をクリアしていたとしても、ウィンドフィルムを貼ることが困難な地域です。だからガラス自体がUVカットやIRカットになっていればと思うことが非常に多いです。

今回、旭硝子から発売されることとなった『UVベールPremium』は、ジリジリとした暑さを感じるIR(赤外線)は残念ながらカットしませんが、UV(紫外線)を99%、ほぼ完全にカットする待望の商品です。

 

 

と、まぁ、ここまでは非常に素晴らしい新商品の報告になるのですが、この情報が弊社に入ったのは、じつは今日。
しかも、取引先メーカーや卸商からのアナウンスではなく、購読していないのになぜか不定期で送られてくる業界紙と、インターネット広告から。
http://www.uv-cut365.com/index.html

トヨタの新型Vitz発表にあたって、旭硝子と資生堂がコラボしたタイアップキャンペーンを展開しています。

日夜、自動車ガラスを取り扱っている専門家のはずが、”世界初”という商品の発表を全く知らず、恥ずかしいやら疎外感を感じるやらで、非常に複雑な気分です。

前回のエントリーでは、定期的に接着剤の講習会を行なって施工品質を磨いているなんて書いていますが、一番肝心の、ガラスに対する商品知識は、じつは一番疎かったりするのがこの業界です。

新車ラインに採用されたからと言って、即、我々の補修市場にどうこうという問題ではないのですが、それでも自動車ガラスの専門家ですから、自動車ガラスの事に関しては、誰よりも先に知っておかなければならない、いえ、その先の、こうなるだろうという予測も持っておかなければならない。

弊社が非常に勉強不足で恥ずかしく、かつ、メーカー、卸、小売りの情報の円滑な流れが途絶えているという事態を、深く憂慮します。

接着剤講習会

2010/12/1

昨日は業務終了後、弊社がガラス交換作業の際に使用している接着剤メーカー『Sika』さんに、接着剤の講習会をやってもらいました。

接着剤講習会

不定期ですが年に1~2回、こうした講習会を続けてもらっていますが、今回も若手スタッフには基本から、ベテランスタッフには再認識と新たな発見という視点で実施してもらいました。

今回は特に、我々のパートナーであるガラス卸商さんと、近隣の同業者さんも飛び入り参加ということで、大人数での勉強会となりました。

今回は接着剤メーカーの『Sika』さんからは、普段接している営業だけでなく、技術の方もいらっしゃって、製造現場と我々補修現場との意見のすり合わせも出来て、大変有意義な勉強会になったと思います。

現在の自動車ガラス交換の技術は、技術力はもちろんなのですが、接着剤の選択と使用方法が重要な鍵となります。

これだけ講習会などバックアップ体制をしいて頂いてこんなことを書くのは失礼ですが、このSikaさんの接着剤が私どものBestだとは思っておりません。ただ、現状で我々がお客様にご提供する技術力に一番Bestに近い接着剤であることは確かです。実際に、今年度の弊社の接着式の乗用車のガラス施工においてシーリングに起因する雨漏れなどのクレームはほぼゼロでした。

日々、接着剤も商品の機能も変わってきていますので、それに対応してお客様により良い選択肢をご提供していこうという姿勢を弊社はいつでも持っていたいですし、そういった姿勢のパートナーさんと仕事をしたいと望んでいます。

授業

2010/11/23

先日、毎年お世話になってる群馬自動車大学校様での授業がありました。

自動車学校 001自動車学校 006

 自動車学校 005自動車学校 004自動車学校 002

  自動車学校 008

自動車学校 003

自動車学校 010

自動車学校 011自動車学校 009

 

年に2~3回弊社スタッフが講師としてお世話になっているのですが、今回は車体整備課の生徒さんたちが、クルマの鈑金作業をする準備段階としての、リアガラスやサイドガラスの取り外しと、鈑金作業後の取り付けを見ていただきました。

10数台ありましたので、数名のスタッフで担当させていただきました。
なかには入社半年のスタッフもおりましたので、逆にこちらが新人スタッフの勉強を、実際の車両でやらせてもらった感じで、弊社の方が感謝しなければいけないと思いました。

どうもありがとうございました。

 

 

 

ザスパ草津応援ベンダー

2010/11/1

SANY0231

先日、ザスパ草津応援ベンダーを設置致しました。

この自動販売機は、売り上げの一部がザスパ草津に協力金として支払われます。

ここ3年ぐらい、このザスパ応援ベンダー設置を考えていたのですが、今まで弊社には他の自動販売機が既に複数設置されていたため、電気代等のデメリットのが多く、弊社、クラブ双方にあまりメリットが得られないということで設置まではいかなかったのですが、色々と条件が整い、念願の設置となりました。

弊社はザスパのオフィシャルパートナーですが、これでまたより一層、クラブに協力できるかと思うと、嬉しい限りです。

まぁでも、クラブに入る協力金は、微々たるものなんですけど…。(笑)

観光バスのフィルム施工

2010/09/30

_DSC0028

_DSC0029

 

先日は、観光バスのサイドガラスのフィルム施工のお仕事を頂きました。

img_21

納車時は↑のように、透き通ったガラスでした。
お客様が『暑い』『丸見えで恥ずかしい』と感じられると気の毒だからという、バス会社さんの気遣いとお客様サービスの一環で今回の受注となりました。

確かに、『暑い』『恥ずかしい』というのはおっしゃるとおりなのですが、もうひとつ、自動車ガラス専門業者の視点からアドバイスさせてもらったことがあります。

それは、『安全面』です。
このJバスが製造している新型の日野セレガといすゞガーラのサイドガラスは、従来の”合わせガラス”から”強化ガラス”に変更になりました。
『強化ガラス』と書くと、非常に強くて割れなくて安全という印象を抱くかもしれませんが、そうではありません。確かに建築用に使われている生板ガラスと比べると、耐久性は生板ガラスに比べて3~5倍と言われていて、衝撃には強いのですが、さすがにクルマが走行して物にぶつかる衝撃には耐えられません。

img1

そして割れると↑の写真のように、粒粒になって割れてしまうのです。
その横の写真の生板ガラスのように、破片が尖っていない分、安全と言えるかもしれませんが、細かい破片は結構尖っていて、皮膚に刺さりやすいです。実際に、弊社スタッフがドアガラスやリアガラス交換をする際は、皮手袋等をしていないと、細かい破片が皮膚に刺さり大変なことになります。

 

従来は、観光バスのサイドガラスは、この細かく粉砕される強化ガラスではなく、割れてもヒビだけで貫通しない合わせガラスが採用されていました。

強化ガラス化になることにより、もし旅行中に、ツアーのお客様を乗せた状態でサイドガラスが障害物に当たり、ガラスが割れてしまったとしたら・・・。

粉々に割れたガラスは、お客様の顔や身体に勢い良く降りかかるということになります。

ガラスが刺さって出血したり怪我をしたりなんてことになったら、楽しい旅行が悪夢になり、訴訟問題になりかねないですね。

 

そこで、今回フィルム施工を検討されていたところで、カーフィルムの特徴のひとつでもある『飛散防止機能』を付け加えさせてもらいました。

フィルムを貼ることにより、万が一ガラスが割れた時の飛散防止になります。
強化ガラスだと、粉々に割れたらその部分はガラスがなくなってしまいますので、窓が開きっ放しという感じになりますしね、旅行を続けられませんよ。

 

施工の方はかなり大変でした。
ガラスが大きいし枚数も多いですし・・・。
カッティングマシーンの有難さを改めて感じました。

コピー ~ フィルムカッティングマシン 003

Rally Japan

2010/09/20

 

9月9日~12日、北海道でWRC Rally Japan 2010が行なわれました。

弊社がガラス交換やフィルム施工でサポートさせてもらっております、SUBARU RALLY TEAM ARAIも、PWRCというカテゴリーで参戦しました。

地元でなんとか表彰台をと祈っていたのですが、なんとDAY1で大クラッシュというニュースが。

http://www.wrc-japan.jp/modules/wrc/movie_detail.php?movie_id=1041


こちらのリンク先の動画の中ごろに、3回転ぐらいしているインプレッサの映像があります。

残念ながらRALLY JAPANはリタイアという結果になってしまいましたが、新井選手は無事なようなので安心しました。

今後も弊社はチーム・アライと群馬のモータースポーツを、できる限り応援していきます。

頂き物

2010/09/9

kabos 002

少し前のことになりますが、大分県の方からお問い合わせを頂きました。

往年の名車”スバル360″のガラスに関してでした。

motorshow 041

リアガラスに関してのお問い合わせだったと聞いていますが、スバル360のリアガラスに関しては、リアウィンドに使われているのは、じつはガラスではなく、アクリル板(ポリカーボネイト)であることと、ヴィンテージ車ですが、比較的容易にリアウィンドが手に入ることとその入手方法をお答えしました。
大分県の方ですから、弊社からお買い上げ頂くとすると、配送が高くなってしまったりすると思いましたので、担当者が近隣の自動車ガラス店の探し方をアドバイスさせてもらったようです。

その数日後、突然、大量の”かぼす”が送られてきました。

弊社は何もしていないのにビックリです。

スダチは良く見るのですが、カボスは初めて見ました。そして初めて頂きました。今年は高級魚になっているサンマと一緒に。

どうもありがとうございます。とっても嬉しい出会いです。

群馬デスティネーションキャンペーン

2010/09/1

デスティネーションキャンペーン 002

先日、群馬をホームに活動しているJリーグチーム・ザスパ草津のチームバスに貼ってある広告のシートを交換してきました。

このシートは、今シーズンの開幕直前に交換したのですが、シーズン中ではありますがチームから再施工の依頼がありました。

『群馬デスティネーションキャンペーン』の告知シートに交換するという依頼でした。

『群馬デスティネーションキャンペーン』とは、 JRグループ6社と地域(地方公共団体や県民・企業等)が一体となって取り組む、全国から誘客を図ることを目的とした国内最大規模の大型観光キャンペーンです。
対象地域(デスティネーション:目的地・行き先という意味)の観光資源を掘り起こし、JRグループの宣伝媒体を活用した集中的な宣伝を日本全国で展開します。

詳しくはこちら。
http://gunma-dc.net/

本番は来年のこの時期、2011年7月1日~9月31日なんですが、プレキャンペーンとして今年の7月1日~9月31日の間、キャンペーンの告知を行なう活動をしています。
弊社のお客様である自動車ディーラー様や観光バス会社様やタクシー会社様など、色々な場所で現在、この群馬デスティネーションキャンペーンを告知しています。

ブランド力の無い群馬県ですが、温泉や自然など楽しむところもまぁまぁありますので(笑)、これを機会に群馬県に目を向けて下さい。(出来れば足を向けて下さい。)

 

デスティネーションキャンペーン 001

ついでに、チームバスのサイドに、選手の似顔絵のシートも貼りました。

求人開始!

2010/08/30

CABMV30Z

昨日、地元求人誌『求人ジャーナル』に掲載されたのですが、求人を開始しました。

増員のため、若干名募集をしております。

今日は早速朝から数名の方から面接希望のご連絡を頂きましたが、まだまだ募集しております。

結構厳しい職場ですが、お客様や関連業者さん、そして業界の認知と向上にチカラを尽くして下さる若者を求めています。

車両保険

2010/08/29

クールベール 009

クールベール 010

クールベール 012

 

先日も書きましたが、今年の夏は高機能フロントガラス『クールベール』がよく売れています。
特別このクールベールだけを強くアピールしていることはないのですが、ご来店頂くお客様が結構な割り合いでクールベールをご選択されています。
なかには、既にクールベールを調べてきていて、指名買いされるお客様も。

先日は、あるお客様がリペア(補修)のご相談にご来店下さいました。

ガラスの傷の位置があまり良くなかったことや、お客様があまり長くそのクルマを乗る予定がなく、お金を掛けたくないというご要望だったため、商談が難航しました。
そこで、お客様に車両保険のご加入状況をお伺いしました。
「たぶん入ってなかったなぁ…。」ということだったので、この日はリペアの見積もりをしてお帰りになりました。
その後しばらくして、そのお客様からお電話を頂きました。
「念のため調べてみたら、車両保険に加入しているみたい!」とのこと。
保険の免責額や更新時の保険料や保険料率の変更など調べてもらったところ、車両保険を使っても大丈夫そうな感じ。
お客様は迷わずガラス交換をご選択されました。

クルマのガラスが割れて困ってしまっているお客様。
ガラス交換も車両保険でまかなえる場合が多いです。
一度お調べ下さい。

To PageTop