中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2010/12

我々には降りてこないプロモーション

2010/12/27

image_h1

弊社の主要取り扱いメーカーである旭硝子は、今月から世界で初めてUV(紫外線)カット率約99%を実現した自動車のフロントドア用UVカット強化ガラス『UVベールPremium』を発売した。

 

今までも、特に女性をターゲットにした軽自動車などに、運転席・助手席のドアガラスに『UVカットガラス』が採用されていましたが、じつはそのカット率は70~90%で、完全なUVカットとは言い難いものでした。また、日焼けのもととなる『紫外線』と、ジリジリとした暑さを感じる『赤外線』とが混同されていたりします。

弊社で今、販売好調なUV&IRカット高機能フロントガラス『クールベール』をお客様にご紹介する時も、運転席と助手席もUVカットやIRカットガラスがあればと感じる機会が非常に多いです。
群馬は運転席と助手席のフロントドアガラスには、たとえ透明で可視光線透過率70%をクリアしていたとしても、ウィンドフィルムを貼ることが困難な地域です。だからガラス自体がUVカットやIRカットになっていればと思うことが非常に多いです。

今回、旭硝子から発売されることとなった『UVベールPremium』は、ジリジリとした暑さを感じるIR(赤外線)は残念ながらカットしませんが、UV(紫外線)を99%、ほぼ完全にカットする待望の商品です。

 

 

と、まぁ、ここまでは非常に素晴らしい新商品の報告になるのですが、この情報が弊社に入ったのは、じつは今日。
しかも、取引先メーカーや卸商からのアナウンスではなく、購読していないのになぜか不定期で送られてくる業界紙と、インターネット広告から。
http://www.uv-cut365.com/index.html

トヨタの新型Vitz発表にあたって、旭硝子と資生堂がコラボしたタイアップキャンペーンを展開しています。

日夜、自動車ガラスを取り扱っている専門家のはずが、”世界初”という商品の発表を全く知らず、恥ずかしいやら疎外感を感じるやらで、非常に複雑な気分です。

前回のエントリーでは、定期的に接着剤の講習会を行なって施工品質を磨いているなんて書いていますが、一番肝心の、ガラスに対する商品知識は、じつは一番疎かったりするのがこの業界です。

新車ラインに採用されたからと言って、即、我々の補修市場にどうこうという問題ではないのですが、それでも自動車ガラスの専門家ですから、自動車ガラスの事に関しては、誰よりも先に知っておかなければならない、いえ、その先の、こうなるだろうという予測も持っておかなければならない。

弊社が非常に勉強不足で恥ずかしく、かつ、メーカー、卸、小売りの情報の円滑な流れが途絶えているという事態を、深く憂慮します。

接着剤講習会

2010/12/1

昨日は業務終了後、弊社がガラス交換作業の際に使用している接着剤メーカー『Sika』さんに、接着剤の講習会をやってもらいました。

接着剤講習会

不定期ですが年に1~2回、こうした講習会を続けてもらっていますが、今回も若手スタッフには基本から、ベテランスタッフには再認識と新たな発見という視点で実施してもらいました。

今回は特に、我々のパートナーであるガラス卸商さんと、近隣の同業者さんも飛び入り参加ということで、大人数での勉強会となりました。

今回は接着剤メーカーの『Sika』さんからは、普段接している営業だけでなく、技術の方もいらっしゃって、製造現場と我々補修現場との意見のすり合わせも出来て、大変有意義な勉強会になったと思います。

現在の自動車ガラス交換の技術は、技術力はもちろんなのですが、接着剤の選択と使用方法が重要な鍵となります。

これだけ講習会などバックアップ体制をしいて頂いてこんなことを書くのは失礼ですが、このSikaさんの接着剤が私どものBestだとは思っておりません。ただ、現状で我々がお客様にご提供する技術力に一番Bestに近い接着剤であることは確かです。実際に、今年度の弊社の接着式の乗用車のガラス施工においてシーリングに起因する雨漏れなどのクレームはほぼゼロでした。

日々、接着剤も商品の機能も変わってきていますので、それに対応してお客様により良い選択肢をご提供していこうという姿勢を弊社はいつでも持っていたいですし、そういった姿勢のパートナーさんと仕事をしたいと望んでいます。

To PageTop