中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2011/11

ザスパ草津ホーム戦

2011/11/22

2011.11.20 002.jpg

2011.11.20 001.jpg

 

先日久しぶりに、弊社も応援している群馬のJリーグチーム・ザスパ草津のホーム戦に行ってきました。

この日は、相手のコンサドーレ札幌が残り3試合にJ1昇格がかかっていますので、アウェイサポーターも多く、普段のホーム戦よりも観客は多かったようです。

成績上位のコンサドーレを相手に先制され、これといった見せ場もなく、当然のように負けてしまうのかと思いましたが、試合終了間際の90分とロスタイムに連続得点を挙げ、2-1で逆転勝ち。これ以上ないタイミングでの勝ち方に、ザスパサポーターは大盛り上がりでした。

大事な一戦を落としたコンサドーレですが、サポーターはブーイングなどで荒れるのかと思いましたが、選手への拍手や大きな声援で労っていました。まだ昇格を諦めずに、チームと一体となってサポートしていこうとする姿勢を感じて、ちょっと感動してしまいました。

考えてみれば、この時期に昇格争いが出来る、それを応援できるというのは、それだけで幸せなことですよね。

ザスパには何時、そういう時が来るのか。

でも、今日現在の成績は、ザスパは年間で勝ち越しているんですよね。あと2試合ですが、1勝1敗や1勝分けでも、ザスパJ昇格後初の年間勝ち越しとなるんですよね。なんだかんだ言って、一歩ずつ前に進んでいるのかな。

 

 

 

久しぶりに観光バス

2011/11/11

バス 081.jpg

 

先日、観光バスのガラス交換のお仕事を頂きました。

フロントガラス交換は少し久しぶりです。

 

震災直後の電力不足とガソリン不足の際に、仕事にかなりの影響は出たのですが、その後は幸運なことに目立った影響も無く営業しているのですが、弊社特殊車両グループ、とりわけ観光バス部門だけは別でした。

観光業が振るわない影響で、バスが動かず、故にガラスも割れないという状況。

それでもリペアやサイドガラスの交換等はチラホラと頂いていたのですが、フロントガラス交換はめっきりでした。

 

久しぶりだったもんで、特殊車両グループメンバーも、はりきってガラス交換を行っておりました。

 

 

2011/11/9

ミライース 002.jpg

今日は普段お世話になっている群馬ダイハツ自動車㈱さんが催した、ダイハツ・ミライースの試乗会に行ってきました。

試乗会にお誘い頂いたこともありますが、発売開始から凄い売れ行きらしいというのを聞いたので、どんなもんかとちょっと興味がありまして。

 

ミライース 001.jpg

こちらは、先日新車納車前にカーフィルムを施工させて頂いた時の写真ですが、この時は凄かったです。

先行発売かなにかの時期だったようですが、ほぼ毎日納車前の新車のフィルム施工をしていました。この時から興味があったんですよね。

 

試乗させてもらいましたが、アイドリングストップというのは初めてだったので、最初は怖々運転していたんですが、想像していたよりもずっとスムーズでした。

スピードメーターが映るパネルには、『平均燃費』なんて表記があって、それを見てると自然に、空ぶかしや急加速、スピードの出し過ぎを抑えようという気になってきます。ちなみに、試乗時の平均燃費は27.2キロでした。燃費ランキングが貼り出されてありましたが、カタログ数値の1ℓあたり30キロを超え、36キロという人がいてビックリです。

料金を安くするため、色々と抑えるところもあったようですが、それはそれでシンプルで良いんじゃないでしょうか。

 

我々ガラス業界的には、ドアガラス等がFUYAO製だったりして、補修用の供給は大丈夫なのかと心配してしまうところがありますが、そんなところも、また次のステージに入ってきたのかなと感じるクルマです。

懸念

2011/11/2

円高が止まりませんね。

150円代が90円台に突入した1990年代の時には驚きながらも、為替の差益で個人輸入を楽しんでいたんですが、今の円高は想像を絶します。

まさか70円台前半に入ってくる勢いになるとは思いませんでした。政府や日銀が2度目の為替介入を行いましたが、ギリシャ問題など世界的な経済不安のなかでは効果は…。それよりも、日本の体力も無いなかで、外為会計の資金がどこまで続くのかが心配です。

とはいえ、自動車関連業でも弊社のような業界は、カーメーカーや部品メーカーとは違い、為替の変動は直接にはあまり左右されません。原油価格高騰は、ガラス価格や油脂を材料にしている材料にすぐに跳ね返り値上げとなりましたが、円高で即、ガラス価格が下がったということはありません。なんだか釈然としない気持ちもありますが、逆に価格の安定、信頼性という意味では安心しています。

 

今一番懸念していることは、今までにない円高のため、特にメーカーは厳しい生産の見直しを迫られるのだと思いますが、卸しや我々小売りの部門では、安易な外国製ガラス依存の動きが出ないかということです。

早い話し、さすがに今ではそんなこともありませんが、今まで業界を挙げて「輸入ガラス=悪」みたいなイメージを打ち出していたのに、掌をかえして輸入ガラスの拡販に動かないかということです。

今回の円高や震災を機に、国内製造メーカーが国内生産に見切りをつけ(それはそれで別の大問題ですが…)、QCも完全移行して海外工場にシフトしていくというのならばまだしも、現状のままでただ為替差益の恩恵に与れるから、要は利益が出るから、儲かるものを売ろうという姿勢になってしまわないかと心配です。

確かに市場には色々なセグメントがあります。外国製ガラスを必要とする層も大きいでしょう。ただ安易にそれをやっていったら、今まで『クールベール』をはじめとする高機能ガラスという市場を作った努力は水泡に帰すことになります。

『外国製ガラスだから品質はこんなもんです。』という言い訳がなくなるまでQCを磨いて届けてもらえるなら、廉価市場の先の外国製ガラスへのシフトも賛成するでしょう。ただ今の状態では、懸念を抱かざるを得ません。

To PageTop