中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2013/08

プロボックス・サクシードの水漏れについて

2013/08/20

一昨年あたりから、プロボックスとサクシードのフロントガラス付近からの水漏れというご相談を受けるようになったのですが、最近になって、その頻度が非常に増しています。月に数台、多い時で週に1~2台というペースです。たぶん、ゲリラ雷雨とかによって顕著になっているんだと思います。

弊社や他のガラス店でフロントガラス交換をしたということではなく、特にガラス交換や鈑金修理はしたことないけど、いつの間にか水漏れするようになったという感じです。

 

フロントガラス付近からの水漏れとなると、まず第一に疑われるのは、フロントガラスのシーリング不良ということなので、はじめのうちは、フロントガラスを外してシーリングの状態を確かめていたのですが、ほとんどの車両がシーリングに問題はない…。

何が原因なのかとサービススタッフは頭を悩ませていたのですが、たぶんこれだろうという答えが見つかったようです。

プロボックス 002.jpg

↑ は、プロボックス(サクシード)のフロントガラス運転席側部分の写真ですが、赤い四角で囲った部分、前から後ろまでルーフモールが付いているのですが、これを外してみると…、

プロボックス003.jpg

こんな感じになります。赤で囲った部分が、ルーフモールが付いていた箇所です。

ちなみに、写真はまた別のプロボックスの写真ですが…。

プロボックス004.jpg

この部分をもっと拡大してみると…、

ボディ面にヒビ割れが起きているのが分かります。

たぶん原因はこのヒビ割れ。

このヒビ割れから、水がジワーッと染み込んできて溜まり、ガラスとボディ面のシーリングの下から、ボディの繋ぎ目を通って、足元に流れてくるという感じです。

 

弊社にこの件で入庫する車輌は、早いものだと登録後3年程度経ったあたりからです。

ほとんどは登録後5年程度経過したものですが。

もしかしたら、フロントガラス交換や鈑金修理の経歴に関係なく、プロボックスとサクシードは、経年劣化によるボディのヒビ割れが原因の水漏れの危険性が、どの車両にもあるのかもしれません。

 

 

リペア講習会

2013/08/17

先日、弊社のウィンドリペア(補修)パートナーの㈱ラビニールさんの講習会が行われました。

㈱ラビニールさんは、長く米国グラステクノロジー社の自動車フロントガラスリペアシステムの販売をしておられます。

ラビニール 001.jpg

ラビニール 003.jpg

 

ウィンドリペアの講習会は久し振りの開催でしたが、昼間は女性事務スタッフ、夜にサービススタッフと、ラビニールの石川さんには長時間にわたりお世話になりました。

若いスタッフは今回が初めての者もいて新鮮だったようですが、特に女性事務スタッフは今回の講習会でかなり刺激を受けた様子でした。

今まで解っていたつもりでお客様にリペアについて説明していましたが、意外と初めて聞くことも多く、今さらながら驚いたとか、もっとお客様に注意を促さなければいけない点が増えたとか、色々と考えさせられたようです。女性スタッフは実際に作業をすることはまずないですし、サービススタッフとその点、膝を付け合わせてじっくり話すことも少ないですから、なんとなくの技術的知識でお客様を納得させていたところが多かったと思います。

今回の石川さんの講習会で、基礎的な事から技術的な事まで、色々と学べたようです。事実、翌日からのお客様へのリペアの説明が変わっていたので、結構驚きました。昨年末の車両保険のノンフリート料率制度変更に伴い、フロントガラスリペアが今後増えるだろうという予測がされていますので、非常に良いタイミングで講習会をやってもらえたのではないかと思います。

 

㈱ラビニール様、どうもありがとうございました。

モントレー2013 in 群馬

2013/08/16

7月27日・28日に、群馬県の渋川市総合公園で全日本ラリー選手権第5戦 『モントレー2013 in 群馬』が昨年に引き続き行われました。

今大会は、TRDラリーチャレンジROUND3と併設で開催され、より一層出場台数も増え盛り上がったイベントになったのですが、公式発表で26,000人の観客が訪れたこの2日間に、弊社はグラスピットとオートグラス㈱のスタッフの皆さんとコラボして、昨年に引き続き、UV&IRカット高機能フロントガラス『クールベール』を主に紹介する広告ブースを出展しました。

monntore 012.jpg

monntore 016.jpg

monntore 054.jpg

monntore 055.jpg

 

今年も昨年同様、販促グッズを配布しながら、実際にクールベールを体感してもらいながら商品紹介を軸にやらせて頂きましたが、昨年よりも『クールベール』の認知度が高くなっていることを実感しました。昨年もこのイベントでスタッフから説明を受けて覚えていて下さったギャラリーや、実際に自分のクルマにクールベールが入っているという方もいらっしゃいました。

事前の天気予報では、当日の天気は良くないということで、初日の朝の観客の入りは昨年に比べあまり良くなかったのですが、それでも2日間終わってみれば、販促品の消費量もお見積りの数も、昨年と同様、少し多い位になりました。

 

monntore 038.jpg

今年はラリーパークに展示された車両が豪華でした。

メインスポンサーのSUBARUブースには、BRZやかつてのWRC(世界ラリー選手権)で数々の栄冠を手にしたインプレッサの他に、昨年のニュルブルクリンク24時間レースに出場しクラス優勝を果たしたWRX STI STI NBRチャレンジマシンも展示されていました。

 

monntore 008.jpg

もう一方のトヨタのGAZOO Racingブースも負けてはいません。

こちらもかつてWRCにトヨタが参戦していた頃の名車、トヨタカローラWRCやニュルブルクリンク24時間レースに出場したLEXUS LFAが展示され、多くのギャラリーを集めていました。

 

monntore 027.jpg

クールベールブースにも、お隣のアライモータースポーツ様のご協力のもと、スバルブルーのインプレッサWRXを展示して頂きました。この車輌は、昨年まで新井敏弘選手が世界で使っていた車輌です。今は少し休んでいて、再びの始動を待っているところ。その機会も意外と早くに訪れる気配が…。

お隣のアライモータースポーツ様のブースに展示された白いインプレッサは、今年の新井選手の車輌のカラーリングで、ERC(ヨーロッパラリー選手権)に走っているのと同じタイプの車輌です。
ちょうどこのイベント期間中は、新井敏弘選手はルーマニアでERCの第7戦があって不在だったのですが、このレースを新井選手は見事クラス優勝、総合でも3位入る活躍でした。

monntore 028.jpg

monntore 061.jpg

 

この展示車両には、クールベールが入っています。そしてクールベールステッカーも貼ってあります。(実際にERCで走っている車輌には、カラーのクールベールステッカーが4か所貼ってあります。)

 

イベント初日の夕方は激しい雷雨となりましたが、それ以外は天気予報も外れ良い天気となり、概ね盛り上がったイベントとなりました。

 

今年もブース設置や当日の商品説明などご協力を頂きましたオートグラス㈱のスタッフの皆様、グラスピットスタッフの皆様、そして見積りの端末でご協力を頂きました㈱ブロードリーフのご担当者様、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

To PageTop