中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2014/01

東京オートサロン2014

2014/01/14

先日、幕張メッセで行われていたカスタムカーのイベント、東京オートサロン2014に行ってきました。

オートサロン2014 005.jpg

若者のクルマ離れが囁かれて久しいですが、3日間で30万人の来場予定とのことで、実際に訪れても非常に多くの人と華やかな展示車で、ここだけはクルマ離れは関係ないように見えました。ただ例年に比べると若干すき気味であったようにも見えましたが。

 

オートサロン2014 004.jpg

例年どおり、グラスピットブースも出ていました。今年もRE雨宮さんのところとコラボした感じでの出展ですね。

ちょうど着いた時には、グラスピットのイメージキャラクターのタレント・峰竜太さんと、RE雨宮の雨宮さんとのトークショーが行われていました。さすがに多くの人を集めていました。

オートサロン2014 002.jpg

オートサロン2014 003.jpg

オートサロン2014 006.jpg

 

ブースでは例年どおりグラスピットの事業紹介のほか、主力商品でもある高機能フロントガラス『クールベール』の紹介や体感等をやっていたようですね。今年はその場で簡単な見積りにも対応していたようで、訴求力向上の努力も感じられました。

 

弊社のような地域限定的な小さな施工店やグラスピット加盟店では、このような大きなイベントに大金をかけて展示ブースを出すことやマスの広告活動は出来ず、グラスピット本部やガラスメーカーに頼らざるをえないので非常に有難いのですが、他のブースを見て回っていると、訴求する商材がなかなか地味なため、そろそろただブースでガラスを並べてコンパニオンのお姉さんが中心となって販促品を配るという告知方法は限界なのかなと感じます。ブースで来場したお客さんと話したりすると、グラスピットは別にして、クールベールは結構お客さんに知られて来ているのに気付くのですね。クールベールが出て既に10年ですから今さらかもしれませんが、第1段階の商品名をただばら撒くという認知活動は終わったのかなと感じます。かと言って、ブースでの告知方法として他に方法が見付からないのですが…。

他のブースでは、昔からよくある常套手段のアンケートに応えたら販促品とか、その場でfacebookで”いいね”をしてくれたら販促品とかやってましたが、数あるブースのなかで訴求力を出すには、コンパニオン、トークショーの他には何が良いんでしょうね?

 

 

今年も宜しくお願いします。

2014/01/6

明けましておめでとうございます。

本年も変わらぬご愛顧をどうぞ宜しくお願い致します。

 

弊社は本日、1月6日から通常営業致しております。

昨年暮れから正月にかけてのお出掛けで、ガラスがワレてしまったお客様から早速お仕事を頂き、なかなかの滑り出しといったところです。

今年は消費税や軽自動車税の増税など頭の痛い事案がありますが、なんとか皆様のお役にたてるよう尽力したいと考えております。

 

 

 新井大輝 002.jpg

 

昨年暮れ、ラリードライバー・新井大輝選手がカレンダーを持って弊社に挨拶に来てくれました。(写真右)

新井大輝選手は、実際のレースにはなんと若葉マークを付けて出場していたという、昨年デビューしたばかりの20歳の新人ラリードライバーなのですが、じつは弊社がガラス交換やフィルム施工などで10年以上サポートしている、世界で活躍するラリードライバーの新井敏弘選手の息子さんなんです。

デビューした昨年は国内のラリーに何戦か出場しましたが、『Coolverre(クールベール)』と『中央自動車ガラス』のステッカーを貼って走ってくれました。もちろん、車両にはクールベールが装着されています。

さすがに世界のトシ・アライのDNAを受け継いでいるだけあって、ひっくり返ってリタイアしたレース以外はクラス優勝。全体でも日本のトップドライバーやベテランドライバーと混ざっても表彰台に乗る勢いだったとか…。

そんな未来ある若者を応援できることは非常に嬉しいです。

 

弊社も新井大輝選手にあやかって、飛躍の一年にしたいと願っています。

 

To PageTop