中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for 2014/06

美肌ガラス

2014/06/28

弊社の取り扱いメーカーのひとつである旭硝子から注目の新商品が出ました。

 

その名も『美肌ガラス』。

 

logo.png

 

http://bihada-glass.com/

 ↑ の商品サイトや商品ロゴをを見ると、新しい商品というよりむしろ新しいブランドと言った方が良いかもしれませんね。

 

先日こちらでご紹介したガラスベンチルーフに使われている『Dragontrail(ドラゴントレイル)』(http://dragontrail.agc.com/#top)の紹介サイトのデザインとかも見たのですが、少々驚いています。

 

01.jpg

 

今回の美肌ガラスもDragontrailも、ブランドロゴとか従来のガラス製品のイメージと離れていて、なんだか挑戦的なブランディングだなと感じます。

美肌ガラスロゴなんか一見、化粧品やUVケア商品かと間違えてしまいますし、商品サイトのトップページはなんだかモード系のファッションブランドのように見えてしまいます。

 

asideBihada.png

 

DragontrailなんてYouTubeのMOVIEページもあってもはやゲームサイトのようです。(笑)

まぁ、スマホやタブレットPCの画面に使われているんでそうなってしまうのかもしれませんが…。

 

あっ、美肌ガラスやドラゴントレイルのブランディングについて言いたいのではなく、美肌ガラスの紹介でした。

詳しくは美肌ガラスのサイトを見て下さい。(笑)

従来の高機能フロントガラス『クールベール』や日本板硝子の高機能フロントガラス『エンジェルガード99』よりもUVカット率が高くなり、また、カットする紫外線の波長も広くなっています。シワ・たるみの原因になるUV-A(99%カット)と、シミ・くすみの原因になるUV-B(100%カット)、2つの波長を大幅にカットしてくれます。

もちろん、クールベール同様、IR(赤外線)もカットして日射によるジリジリ感もカットします。

 

そんなプレミアム感ある『美肌ガラス』。気になる対応車種はこちら。

http://bihada-glass.com/introduce/car/

今のところ女性ユーザーの多い軽自動車やエコカーを中心に約80車種ですが、順次対応車種は増えていく予定だそうです。

 

スカニア

2014/06/17

先日は珍しいトラックのフロントガラス交換をしました。

スカニアというトラックです。

大型トラックなんですが、ガラスは接着タイプでした。

日本ではトラックのフロントガラスで接着タイプは、いすゞエルフや日野デュトロなど小型トラックが主流で、いすゞのフォワードのワイドボディーが最大です。大型で接着タイプというのはあまり考えられないですね。観光バスかって感じです。

そのうち日本でも採用されて行くのでしょうか・・・。製造ラインとして良いのかもしれませんが、実際に使っているユーザーさんにとってはガラス交換後すぐに乗り出せませんし困りものですね。

DVC00034.JPG

DVC00033.JPG

前周りは全て外してもらわないと施工は難しいようです。

DVC00032.JPG

DVC00031.JPG

どうやってガラスを取り付けるか入念に相談し準備しています。

DVC00030.JPG

接着剤を塗布するのも二人がかりです。ひとりでやっていると、ガラス面積が大きいので接着剤塗布時間がかかり、この時期は初期硬化も速いので固まってしまう可能性があります。

DVC00029.JPG

なんとか無事完成です。

ガラスルーフベンチ

2014/06/13

いつの間にかFIFA W杯が始まりましたね。

弊社は地元のJ2クラブであるスパクサツ群馬のオフィシャルパートナーを続けていて、過去にお隣の同業者さんの株式会社富士屋ガラス店さんと共同でザスパ×栃木SCの試合の冠マッチ『Coolverre Special Match』を開催したこともあるので、サッカーには少し興味があります。

そのブラジル大会ですが、昨日のブラジル×クロアチアの開幕戦は、日本人の西村雄一さんが主審を務めていましたね。前回の南アフリカ大会でも笛を吹いていましたが、栄えある開幕戦に主審を務めるなんて、非常に誇らしいです。

そしてもうひとつ誇らしいといえば、弊社の主力取り扱いガラスメーカーであるAGC旭硝子の『プレイヤー ガラスルーフベンチ』という製品が今大会に正式採用しているんです。

プレイヤー ガラスルーフベンチ

詳しいことは上の特設サイトをご覧ください。

僕の好きな歴代プレーヤーのひとり、元ポルトガル代表でルイ・コスタと並びポルトガル代表ゴールデン・エイジの中心選手として、また、バルサやレアル・マドリードでもプレーしたルイス・フィーゴがアンバサダーを務めています。

通常、こういった競技用ベンチに使われる素材は、ボールが当たったりの安全面や、ベンチの形状追従性を考えるとポリカーボネートやアクリル板を使うと思うのですが、AGC プレイヤー ガラスベンチはなんと、言葉通り壁面にガラスが採用されています。

このガラス素材がまた特筆ものです。薄くて、割れにくくて、曲がるのですね。それってもうガラスじゃないんじゃないかと思いますけど…。(笑)

Dragontrail

こちらがその素材のサイトです。

スマートフォンやタッチパネルPCなどの画面に採用されているようですね。

先述のベンチもそうですが、ポリカやアクリル板だとコーティング剤である程度カバーできますが、どうしても経年劣化や傷や変色の問題が起こりますので、このDragontrailは画期的なガラス素材かもしれませんね。

DSC_3062.JPG

DSC_3063.jpg

さて、そんなFIFA W杯ブラジル大会に公式サプライヤーとして参加しているAGC旭硝子ですが、子会社の㈱オートグラスさんを通じて、大会の販促用ポロシャツを見せていただきました!

ちょっとカッコイイんじゃない?FIFAの公式パートナーのアディダス製っていうのがまずとりあえずの販促用って感じじゃなくて良いです。ちゃんとFIFAの認定ロゴやタグも付いてますしね。胸にはガラスルーフベンチのロゴっていうのがちょっと驚きましたが、背面の首もとのAGCロゴも良い感じです。

正直、過去のAGCの広告(ショウコちゃんやマトリヨーシカ)はどうなのかと思っていましたが、今回の販促は使い方によって非常に良いなと思います。

って、個人的にスポーツが好きなだけかもしれませんが…(笑)

旭硝子さん、オートグラスさん、頑張って宣伝してください!
ガラスルーフベンチをテレビでチェックします。

To PageTop