中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

熱反射フロントガラス『コートテクト』を使ってみた

95気まぐれ日記

先日お客様からのご依頼で、熱反射フロントガラス『COATTECT(コートテクト)』というのを使ってみた。

 

 

商品サイトはこちら↓

 

弊社も主力商品として取り扱っている、旭硝子の高機能フロントガラス『クールベール』同様、「UVカット」や「断熱性能」で車内の快適性を訴求しています。

ちなみに、旭硝子のクールベールについてはこちら↓。

https://www.coolverre.com/

 

どちらも優れた効能を訴えた素晴らしい商品サイトなので、何がどう違うのか、どちらが優れているのか、というのが良く分らないんだけど…、となると思います。

どこを比較するかや、お客様が何を重要視するかで、優劣が変わってくるので、ここでどちらが優れていますとか、こっちの方が良い商品ですって言い切れないんですが、ひとつ気をつけなければいけないのが、『クールベール』は「電波透過型のIR(赤外線)吸収タイプ」のガラスに対し、『コートテクト』は「金属膜をコーティングした赤外線反射タイプ」のフロントガラスであることです。

 

どういうことかというと、クールベールは電波を通す。コートテクトは電波を通さない。だから、金属膜をコーティングしている部分はGPS、TV、ETCに障害が起こる可能性が高いということです。

その対応策として『コートテクト』は、「センタバイザー部分のコーティングをカットしています。」ということで、そのあたりをカバーしています。

センターバイザーっていうのは、フロントガラスの真ん中上の↑このあたり。

 

このあたりにETCやナビのフィルムアンテナを集めなければいけないので、元々ETCやナビのアンテナが貼ってある車両では、配線の取り付け位置を変更する作業をしなければなりません。その分余計な費用が発生します。

 

逆に良いんじゃない?っていうところは、「コートテクトは熱反射コーティング」なので、見た目ちょっと光を反射してキラキラ光ってる。まぁ、オシャレって言ったらオシャレ。

こんな感じで見えるらしいよ。

 

この点、先に出ていた『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』っていう商品があるんだけど、これと同じ。

ちなみにソーラーインパクトはこちら↓

http://www.solarimpact-zero.co.jp/

 

『ソーラーインパクト』と『コートテクト』は似たようなもんだけど、ガラス施工の技術者として言うと、『コートテクト』の方がどっちかっていうと良い。

『ソーラーインパクト』は、ガラスの「型」「形状」「質」が悪くて、お客様満足度が低かった。正直、効能や質より見た目を好んで納得してもらったって感じ。

ソーラーインパクトもコートテクトも中国のガラスメーカー製なんだけど、そのあたりの差が出てるのかなってところです。

 

 

ETCとかナビの障害を気にせず安心してUVカットと断熱性能で快適性を求めるなら『クールベール』

人よりちょっと見た目で差をつけながら快適性を求めるなら『コートテクト』

 

こんな感じなんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To PageTop