中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

夏季休業のお知らせ

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

弊社は誠に勝手ながら、下記期間を夏季休業とさせていただきます。

 

2018年8月11日(土)~2018年8月16日(木)

8月17日(金)より平常どおり営業致します。

 

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

フロントガラス凍結時の扱いにご注意

まだまだ厳しい寒さが続きますね。

前橋も2度ほど降雪がありましたが、その後も寒さは続いて、日陰はまだ雪が残っているところもあります。

 

そんな寒さの朝は、クルマのフロントガラスが凍っていることがありますね。
フロントガラスが凍ってる時にその対応策を間違えると、ガラスがワレてしまうことがあります。
当社にも、「なにも当たってないのにガラスがワレてしまった。」とご相談にいらっしゃるお客様も多いです。

 

自動車評論家の国沢光宏さんがコラムで、クルマのフロントガラス凍結時の対処策について書いてます。

《以下転載》

自動車関連の掲示板が「寒い日にデフロスターでフロントガラス割れるか?」という件で盛り上がっている。本当か? よい機会なので、フロントガラスの凍結について考えてみたい。まず雪や寒さでフロントガラスが強烈に冷えた時の対策だけれど、1番のアウトは「熱湯を掛けること」だ。そもそも気温マイナス10度以下になると、お湯掛けてもあっという間に凍ってしまう。

さらに窓ガラスが部分的に膨張するなどして、割れることもある。熱湯掛けた途端、ヒビ入ったのを見たことあります。どうしたらいいか。1番早いの解氷スプレーだ。解氷スプレーの主成分はアルコール。アルコールは濃度40%でマイナス30度まで凍らない。気温マイナス10度くらいなら瞬時に溶かすことが可能。とはいえ困った時は、たいてい解氷スプレーなどなし。

代用として家庭用のアルコール除菌材を使えばOK。ネコや犬のいる家ならたいてい除菌スプレーなど常備していると思う。インフルエンザ感染防止のアルコールスプレーなど効果絶大。ここまで読んで「お酒は?」と思うかもしれない。当然のことながら有効。ウイスキーの場合、気温マイナス30度でも余裕だ。濃度25度の焼酎だと気温マイナス15度くらいまで効力を発揮する。

ここで文頭に戻る。通常の使い方をしていればデフロスターでフロントガラスが割れるようなことはない。ただ一つだけ例外があるので注意しておく。「冷え込んだ日にエンジンだけ掛け、ヒーターなどは入れずに暖気運転を行う。30分くらい放置しておくと、エンジンは暖まる。その状態でデフロスターの暖気を全開でフロントガラスに当てる」というもの。

冷えた窓ガラスに50度以上の暖気当たると大きな温度差が出来てしまう。熱湯を掛けた時と同じ状況になり、割れる可能性が大きくなる。実際、割れたケースもあると聞く。また、ガラス面に飛び石で出来たキズなどあると、温度差でヒビが拡大することも多い。小さいヒビに気づかず、拡大して気づくケースなどあるかもしれない。

いずれにしろ、通常の状況でデフロストを使い、ガラス割れることはないと考えて良い。参考までに解氷スプレーもアルコールも無い時はどうするか? すぐ走るのを諦めるしかない。エンジン始動し、デフロストモードに入れておく。10分もすれば徐々に暖まっていく。その段階でウインドウォッシャーを試す。また、金属のスクレーパーで窓ガラスをこするのも厳禁。キズの原因になる。

参考までに書いておくとウインドウォッシャー液も濃度で解氷能力が決まる。今シーズンのように寒くなるのが解っていれば濃くしておくといい。

《転載以上》

 

降雪時は、温度差でガラスがワレるほか、スコップなど堅いものでガラスについた雪や氷を落としたら傷がついたということでガラス交換に繋がるお客様もいらっしゃいます。

アルコールが効果的なんですね!

 

 

年末年始休業のお知らせ

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

弊社は誠に勝手ながら、下記期間を年末年始休業とさせていただきます。

 

2016年12月29日(金)~2017年1月4日(木)

1月5日(金)より平常どおり営業致します。

 

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
2018年も、変らぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

夏季休業のお知らせ


いつもご愛顧いただきありがとうございます。

弊社は誠に勝手ながら、下記期間を夏季休業とさせていただきます。

 

2017年8月11日(金)~2017年8月16日(水)

8月17日より平常どおり営業致します。

 

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

熱反射フロントガラス『コートテクト』を使ってみた

先日お客様からのご依頼で、熱反射フロントガラス『COATTECT(コートテクト)』というのを使ってみた。

 

 

商品サイトはこちら↓

 

弊社も主力商品として取り扱っている、旭硝子の高機能フロントガラス『クールベール』同様、「UVカット」や「断熱性能」で車内の快適性を訴求しています。

ちなみに、旭硝子のクールベールについてはこちら↓。

https://www.coolverre.com/

 

どちらも優れた効能を訴えた素晴らしい商品サイトなので、何がどう違うのか、どちらが優れているのか、というのが良く分らないんだけど…、となると思います。

どこを比較するかや、お客様が何を重要視するかで、優劣が変わってくるので、ここでどちらが優れていますとか、こっちの方が良い商品ですって言い切れないんですが、ひとつ気をつけなければいけないのが、『クールベール』は「電波透過型のIR(赤外線)吸収タイプ」のガラスに対し、『コートテクト』は「金属膜をコーティングした赤外線反射タイプ」のフロントガラスであることです。

 

どういうことかというと、クールベールは電波を通す。コートテクトは電波を通さない。だから、金属膜をコーティングしている部分はGPS、TV、ETCに障害が起こる可能性が高いということです。

その対応策として『コートテクト』は、「センタバイザー部分のコーティングをカットしています。」ということで、そのあたりをカバーしています。

センターバイザーっていうのは、フロントガラスの真ん中上の↑このあたり。

 

このあたりにETCやナビのフィルムアンテナを集めなければいけないので、元々ETCやナビのアンテナが貼ってある車両では、配線の取り付け位置を変更する作業をしなければなりません。その分余計な費用が発生します。

 

逆に良いんじゃない?っていうところは、「コートテクトは熱反射コーティング」なので、見た目ちょっと光を反射してキラキラ光ってる。まぁ、オシャレって言ったらオシャレ。

こんな感じで見えるらしいよ。

 

この点、先に出ていた『SOLAR IMPACT(ソーラーインパクト)』っていう商品があるんだけど、これと同じ。

ちなみにソーラーインパクトはこちら↓

http://www.solarimpact-zero.co.jp/

 

『ソーラーインパクト』と『コートテクト』は似たようなもんだけど、ガラス施工の技術者として言うと、『コートテクト』の方がどっちかっていうと良い。

『ソーラーインパクト』は、ガラスの「型」「形状」「質」が悪くて、お客様満足度が低かった。正直、効能や質より見た目を好んで納得してもらったって感じ。

ソーラーインパクトもコートテクトも中国のガラスメーカー製なんだけど、そのあたりの差が出てるのかなってところです。

 

 

ETCとかナビの障害を気にせず安心してUVカットと断熱性能で快適性を求めるなら『クールベール』

人よりちょっと見た目で差をつけながら快適性を求めるなら『コートテクト』

 

こんな感じなんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

To PageTop