中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for the ‘97ザスパ草津’ Category

久し振りの観戦

2009/09/2

冠マッチ 011

先日の日曜日、久し振りに地元群馬で頑張るJリーグチーム・ザスパ草津の試合を観戦しました。

台風が近づき、あいにくの雨でしたが、強豪コンサドーレ札幌を迎えてのホーム戦に約3,
700人のサポーターが熱い応援をしていました。

試合は残念ながら、札幌に個々の強さを魅せつけられるような展開で2-5で敗れてしまいましたが、個人(個犬?)
的には久し振りのスタジアムの空気を感じられ、非常に楽しかったです。やはりスポーツイベントは現地ですね。

なかなか結果が出ないザスパですが、短絡的な結果ではなく、長い目でみたクラブの方向性を見せてもらいたいと感じます。

10年後も、50年後も続くクラブには、その場の試合結果の強さばかりでなく、色々な強さが必要だと思います。

 

三つの開幕

2008/02/11

開幕

先日、ザスパ草津のスタッフが弊社に来社し、開幕戦のポスターを置いていってくれました。

いよいよ2008シーズンが始まりますね。
今年はこれまで、補強に関してなかなか良いというニュースが入ってきていて、例年以上に期待感を持っています。
早速、開幕戦のポスターを店舗入口に貼らせてもらいました。
これがまず一つの開幕。

そしてそのザスパの開幕戦ポスターの下に貼ってあるのが、スバル・ラリーチーム・アライのカレンダーです。

スバル・ラリーチーム・アライは昨シーズン、PCWRCにおいてシリーズチャンピオン(世界一)になりました。
そして早くも2008シーズンの初戦を迎えたようです。

 nk_026m

このチーム・アライにとっての初戦であるラリー・スウェディッシュは、なかなか難しいイベントになったようですね。なにしろ、
レースで使った車両は、ワークスのスバル・ワールドラリーチームでもまだ採用されていない新型のインプレッサ。先日出たばかりの新車両です。

おそらく、まだデータなどが全然揃っていないなかで、ぶっつけ本番のようなカタチでレースを迎えたと思います。
結果は6位入賞でフィニッシュでしたが、車両に大きなダメージも無くポイントを獲得したのは大きいのではないでしょうか。
これが二つ目の開幕。

そして最後にもうひとつ。

 080209_rug_victory_by_kyodo_180

ラグビーの三洋電機ワイルドナイツが、全勝でトップリーグを終了しました。
これで何が開幕なのかという感じですが、じつはこのリーグ戦、1位になっても優勝じゃありません。
プロ野球のように、プレーオフ制なのです。
これからリーグ戦トップ4のチームで『マイクロソフトカップ』というトーナメント方式のプレーオフを行い、
そこで勝ち残ったチームがリーグ優勝ということになるようです。
だからこちらも、少し強引にマイクロソフトカップ開幕。

弊社が色々なカタチでサポートさせてもらっている、群馬で頑張るスポーツチームが、それぞれのカタチで開幕を迎えます。
どのチームも良いシーズンになればと願っています。

 

違ったのね

2007/07/17

ザスパ草津のHPに、『カレカ選手加入決定』とあったので、一瞬、『えぇ!?』
と驚きました。

でも、わたくし非常勤営業課長らいあんが想像したカレカとは別人でした。

当たり前ですよね。昔、柏にいたカレカが今更現役復帰するわけないもんね。
あ~、ビックリ。

第1クールの勢いが保てなかったザスパ。新戦力加入で状況が変わるでしょうか。頑張って欲しい。

昔、ザスパにサントスという選手がいましたが、その時と同じことをするのかと思ってしまいました。

ジュニアチームのユニフォーム

2007/06/12

08-06-07_1535

ここ数日、ザスパ草津の下部組織のユニフォームの背番号をつけています。
詳しいことは良く解りませんが、ジュニアチームとかユースとかいうやつでしょうか?

普段やっている、レプリカユニフォームへの希望背番号プレスとは違い、試合用の設定にして、尚且つ、スポンサーロゴが入っていないため、
番号の位置も大幅に変えています。

結構な数で納期も詰まっているのですが、一枚一枚、活躍の念を込めまして(怖い?)、丁寧にプレスしている、らいあんなのでした~。
(最後は今日のわんこ風で)

ガンバレ!未来のJリーガーたち!

 

 

あまり表に出ないことですが

2007/03/24

ザスパ練習 003

先日、三洋電機ワイルドナイツのスタッフさん との打ち合わせのため、
三洋電機ラグビー部グラウンドに併設されているクラブハウスに出掛けました。

新加盟選手が着るウェアへ、チームロゴを入れる打ち合わせだったのですが、グラウンドの駐車場に見慣れたカラーリングのクルマが・・・。

ザスパ練習 002

そう、ザスパ草津のチームバスと練習用品を運ぶトラックが留まっているのです。

三洋電機ワイルドナイツのスタッフさんと、ザスパ草津の広報さんが一緒にいたので、お話しを聞いたら、ザスパの練習場所として、
三洋グラウンドを開放することになった
んだとか。 この日は既に、数回目だということです。

ザスパが練習場確保に苦労しているのは、地方新聞などによく掲載されていることです。
インフラ整備がままならず、他のJリーグチームと比較すると、恵まれているとは言えない環境で日々頑張っています。

昨年、ザスパ草津と三洋電機ワイルドナイツは、『同じ群馬で活動するチーム同志』ということで、提携しました。
当初、その目的は漠然としたものでしたが、これも提携関係の一環と考えれば、いよいよカタチとして現れてきたということでしょうか。

考えてみれば、一企業で管理している敷地、しかもそれはただの平地ではなく、日々、芝の管理をしたり整備にお金がかかっている所有地を、
外部に開放するということは凄いことだと思います。

こういったギブ&テイクが、これからも進んでいくことは、インフラ整備が遅れている群馬のスポーツ界にとっては理想じゃないのかと思います。

残念なのは、こういったニュースが、全然伝わっていないということ。

いよいよ、ザスパ草津のJリーグ3年目が開幕しました。
与えられるばかりではなく、頑張って我々サポーターにも、伝わる試合をして欲しいところです。

シーズン終盤ですが

2006/11/18

Jリーグディビジョン2、ザスパ草津の2006年シーズンも終盤ですが、思うような結果が出ませんね。

今日は店内のお客様の待合いスペースのテレビでスカパーをつけていたのですが、残念な結果でした。

1-3という結果でしたが、試合後の植木監督のコメントを読むと、
試合内容は悪くなかったようで、『選手を称える』とまであり、安心するような、逆に深刻になるような、とても複雑な気持ちです。

『群馬にプロスポーツチームが存在し続けることがまず大事なことで、
試合結果には一喜一憂しない。』ように心がけてはいるのですが、それでは、その分りやすい勝敗という結果に代えて、
なにを見ていけば良いのでしょうか?

試合内容でしょうか?観客動員数でしょうか?サッカー教室やイベントなど地域に根ざす活動でしょうか?

そしてそれは、どうやって計るのでしょうか?

解っています。うちのチームにはお金がありません。人もいません。
地域に根ざす活動だって、観客動員だって、即効性のある策はありません。一歩ずつ、少しずつ地道にやっていかなくてはならないことです。

でも、それならば、お金もなければ人海戦術も使えない組織なら、それに代わるものを用意しなければいけないんじゃないですか?

それってなんでしょう?

同じことが、弊社にも言えるんです。
弊社はスタッフ10人そこそこの零細企業、というより自営業。
大きな資本力があるわけでもないし、市場で大きなシェアを握っているわけじゃない。

じゃあ、何をする?何が出来る?
何をお客様に伝える?伝える努力が出来ているのか?

悶々と考えてしまいました。

地域で頑張るということ。

2006/10/28

群馬には、Jリーグチームのザスパ草津の他、野球の富士重工(スバル)、ラグビーの三洋電機、ソフトボールの日立&ルネサス高崎、
太陽誘電、駅伝のヤマダ電機、富士重工、モータースポーツではラリーのスバルラリーチーム・アライなど、
日本トップクラスのスポーツチームが数多くあります。

弊社は、ザスパ草津が設立以来応援していますが、同時に、スバルラリーチーム・
アライのラリーカーのガラス施工を担当させてもらうことで、微力ながらチームを応援しています。

 autosalon

そして今年度から、群馬で古くから活動しているラグビーチーム、三洋電機ワイルドナイツを応援させてもらうことになりました。

具体的なサポート内容は、ザスパ草津のレプリカユニフォームの背番号プレスサービスを応用し、ワイルドナイツのスタッフ用のウェアや、
エスコートキッズ用のTシャツに、ワイルドナイツのロゴをプレスするサービスを提供していくことを中心として、サポートさせていただきます。

コピー ~ niigata 002

TL神戸戦 029 

今回、弊社が三洋電機ワイルドナイツを応援することになったのは、チームの理念・ミッションである『次代を担う子供たちに、
夢を持つことの素晴しさを伝える』に賛同したからです。
そして、太田では根付いた活動を行っているワイルドナイツですが、今後、より強く、
群馬に根付いた活動を行って行きたいということを伺ったためです。

弊社がザスパ草津を応援することを決めた理由と合致していました。

そんな矢先、ザスパ草津と三洋電機ワイルドナイツが、10月12日に『群馬のスポーツを盛り上げる』という共通目的のもと、
提携を発表しました。

記者会見 001

『スポーツのチカラで群馬を盛り上げる』、素晴しいことだと思います。

テレビや雑誌に出ている憧れの選手が、身近にいて、気軽に触れ合えるようになったら。
サッカーもラグビーも野球もよくわからないけど、『群馬のチーム』だから応援してみようというファンが増えたら。
そして、芝生のグラウンドが増えるなど、スポーツ環境が整備され、この手伝いを地元企業や自営業者、各個人が、
出来ることから気軽に参加出来るようになれば、素晴しいことだと思います。

チャレンジャーズチームのフィルム

2006/09/10

先日、クラブ(ザスパ草津)から連絡があり、バスのフィルム施工に行ってきました。

ザスパバス 002

ザスパバス 001

なんでも、ザスパの原点、草津で活動しているチャレンジャーズチームのバスが大分古くなってきたので、買い換えるということで、
窓ガラスにフィルムを貼って欲しいということだったのです。

『だいぶ古い』とは言いますが、以前にクラブの仕事が草津であった時に、グラウンドでチラッとバスを見たのですが、
大分なんていう形容では例えられないシロモノでした。
昭和何年車?と思う外観、マフラーにも穴が空いてる感じ。働きながらサッカーを志しているとはいえ、
今どき少年サッカーチームでももっとマシなマイクロバスを持ってるだろうと、Jリーグチームとは言え、改めて環境の厳しさを感じたものです。

そのバスが買い替えとなった様子。(排ガス規制の問題もあって、このバスだと草津から出られないというハナシもあったようで。)

買い替えとは言っても、ザスパはお金の無いチーム。当然と言うのか何と言うのか、新車は買えません。オフィシャル・
サプライヤーの群馬日野自動車㈱さんにお願いして、程度の良い中古のマイクロバスを破格で譲ってもらったとのことでした。

バスの窓ガラスというのは、ガラス面積も大きいため、日差しが入り込む面積が多く、非常に暑く、不快に感じます。そのため、
大型の観光バスなどは最初から濃い色のついたプライバシーガラスや、熱線反射ガラスなどが入っているものが多いのですが、
小型マイクロバスにはなかなかその設定がありません。まして、ザスパが現状で買える車両のグレードには、
当然そんな高機能のガラスが入っているなんてことはありません。

そこで、クラブのスタッフが、チャレンジャーズチームの選手たちに、少しでも良い環境を作ってあげたいとフィルム施工を考えたようです。

納車まで時間もあまりなく、フィルムスタッフ・コイズミが悪戦苦闘しながら施工しておりました。

チャレンジャーズチームの皆さん、頑張ってください。早くひとりでも多く、トップチームに上がってこられるように祈っています。

希望背番号プレスサービス

2006/09/4

9月2日の土曜日、敷島競技場で行われたザスパ草津×水戸ホーリーホック戦に行ってきました。

行ってきたといっても観戦ではなく、ザスパ草津グッズ販売テント内で、レプリカユニフォームへの希望ナンバープレスサービスを行うためです。

NEC_0010

当日は、『ぐんまアメージング・パラダイス』というイベントも開催されていて、グッズ販売ブースでも、
一部商品を割引きにて販売などしていまして、その一環で現地施工サービスに赴いたといった感じです。

機材などの搬入に訪れると、すでにイベントは始まっていたため、ザスパ戦の開始時間の3時間以上前にも関わらず、
多くのお客さんが集まっていました。

昨年もこのイベントは開催され、たしか前回は湘南戦だったと思うのですが、やはり多くのお客さんが集まったのを記憶しています。

レプリカユニフォームへの希望ナンバープレスサービスですが、機材を搬入した時点で既に結構な数の予約をいただいていたようで、
事前に打ち合わせをしていた時間を繰り上げて作業を開始しました。

しかし、いきなりハプニング。

発電機から電源の供給がスムーズにいかず、カッティングマシンの動作中に電源がダウン。
どうも延長コードの具合が良くなかったようで、延長コードを取り替えて再スタートです。

と思ったら、電気容量の計算を間違ったこともあり、再び電源がダウン。
これは何かを直すとか取り替えるといったことで対処できる問題ではなく、発電機提供者のセレスポさんの担当者さんと話し合って、
持ち込んだ機材のどれかを止めることに。
結局、2台持ち込んだプレス機のうち、1台を使わないようにすることで対処。プレス機を1台でサービスをすることになりました。

施工能力が半分になってしまったため、作業に非常に時間が掛かり、
ご予約いただいたサポーターの皆さんを大変お待たせすることになってしまいました。
なかには、エスコートキッズとしてこのレプリカユニフォームを着て出なければならないという方も・・・。
本当にお待たせしてゴメンなさい。

サービスを開始したのが午後3時過ぎ。それから試合終了の夜8時まで、手伝ってくれた2名の女性ボランティアスタッフと共に、
1分の休みもなく作業を続けました。

途中、スタジアムの歓声が非常に大きな瞬間があったのですが、3人とも何が起こっているのかわからないまま作業を続け、
気が付いたら試合終了直前のロスタイム。残りあと1枚。冗談のように、試合終了のホイッスルと同時に全ての作業が終了。
ほっと安堵した3人でした。

試合もどうやら先制されたものの、大逆転で勝利したようですね。
スタジアム全体から歓びが溢れていて、大変だった作業も忘れてしまいそうでした。

(手伝ってくれた2人は、そのまま確か嬬恋と東京まで帰ったんだな~。スイマセン、ホントどうもありがとう。)

 

胸をはれるクラブにしよう。

2006/06/30

先ほど、弊社に信じられないFAXが届きました。

訃報。

本日6月29日の午前5時18分、株式会社草津温泉フットボールクラブ(ザスパ草津)代表取締役の大西忠生さんがご逝去されました。

いつかはこの日が来るとは思っていました。しかし突然すぎます。

サポーターの方から、最近もザスパの試合にいらっしゃっていたなんて話しも聞いていましたので、まだまだお元気で、
イマイチ調子の上がらないザスパを引っ張ってくれると思っていました。

残念です。ただただ残念です。

大西社長と直接お話しさせてもらったのは、一度だけでした。しかしその一度きりが、非常に強く印象に残っています。

次々と明るみに出た昨年のザスパの不祥事に、大西社長が各所に頭をさげてまわったのです。
それは、弊社のような小さな会社にも及びました。
僕が大西社長とお話しさせてもらったのは、その時でした。

病気の性質上、嗄れた声を絞り出すように、「聞き取り辛い声でご免なさい。そして数々のご心配を掛けて申し訳ありません。」と謝罪した後、
深々と頭を下げたのです。

日本代表歴もあり、Jリーグクラブの社長でもある方が、こんな小さな会社の、歳の離れた若輩者にまで頭を下げてまわったのです。

この方の、サッカーに対する思い、ザスパに対する思いというのは、どれだけ深いのだろうと驚きました。
詳しいことはわかりませんが、きっと、最後の最後まで、ギリギリのところまで、現場で頑張っておられたのでしょうね。

お疲れ様でした。病気と闘うというよりもむしろ、ザスパの基礎を創ること、立て直すこと、そして強化することに闘っていたのですね。

ご冥福をお祈り致します。

残った僕たちは、大西社長が文字どおり命を賭けて守り続けた、そして攻め続けたザスパ草津を、いつの日か『どうですか大西さん』
と胸を張れるクラブにしよう。

 コピー ~ GM 003

Sorry, but there aren't any posts in the %s category yet.

To PageTop