中央自動車ガラスロゴ

まずはお気軽にお問い合わせください TEL: 027-263-2020 お問い合わせフォーム
    bar
  • サービス・製品案内
  • bar
  • ガラス交換
  • bar
  • ガラスリペア
  • bar
  • 会社案内
  • bar
  • スタッフブログ
  • bar
STAFF BLOG スタッフブログ
お問い合わせフォーム
Company Information

We Support!!
私たちは下記団体に協賛しています

ザスパクサツ群馬webサイトへ SUBARU TEAM ARAI OFFICIAL WEB SITEへ 群馬県ラグビーフットボール協会webサイトへ ワイルドナイツスポーツプロモーションwebサイトへ

Archive for the ‘99WRC世界ラリー選手権’ Category

看板変わりました。

2006/02/13

看板 002

弊社の建物の壁面に看板を掲げているのですが、その看板デザインが変わりました。

以前は、ザスパ草津のJリーグ入りを願う応援看板『GO FOR “J”』だったのですが、念願のJリーグ入りも達成しまして、また、
デザインもかなり古くなってしまったのでいろいろ考えていたところなのですが(何せJFL時代のメンバーですから。)、ザスパ草津同様、
弊社も応援しており、ラリーカーのガラス部門でお手伝いさせてもらっております、SUBARU TEAM
ARAI
のPCWRC応援看板として使用しようということで、同じくSUBARU TEAM ARAIをサポートしている会社、
富士スバル株式会社
様との話し合いのもと決定いたしました。

日本人初の世界タイトルを手にした新井選手へのお祝いのメッセージと、今後もサポートを続けるという、
富士スバル株式会社さんの力強い応援看板になっています。

世界チャンピオン獲得報告会

2005/12/29

PCWRCの年間チャンピオンに輝いた、SUBARU TEAM ARAIの新井敏弘選手の『世界チャンピオン獲得・感謝の会』という報告会が都内で行われ、
弊社も御招待をいただいたので、行ってきました。

コピー ~ arai 001

コピー ~ arai 007

壇上で 挨拶をする新井敏弘選手。
日本人初となる、PCWRC世界チャンピオンとして、FIAから認定され、先日モナコで行われた表彰式にも出席した新井選手は、ドライバーとしての顔もありますが、半面、
アライ・モータースポーツの社長としての顔もあり、
二つの顔をどうきりかえてこの会に対応するのかを端から見ているのは楽しかったです。

STIの社長さんのご挨拶、チーム・
アライのメインスポンサー、サンデンさんから花束贈呈&
乾杯で会は始まりました。

コピー ~ arai 014

途中、アライ・モータースポーツのスタッフの皆さんの紹介がありました。
普段お仕事でご一緒させてもらってる時とは違う顔になっています。

コピー ~ arai 018

世界チャンプまでの軌跡というようなコーナーでは、知られざる新井選手のエピソードも暴かれ、非常に楽しい会となりました。

アスリートが王座を守るということは、非常に厳しいことだと思いますが、来シーズンも頑張ってもらいたいですね。

弊社もお役に立てるかわかりませんが、出来る範囲でお手伝いしていければ幸いだと思っております。 

新井敏弘選手、悲願のシリーズ制覇!

2005/11/14

コピー ~ FH020018

弊社でラリーカーのガラス部門を担当させてもらっています、SUBARU RALLY TEAM ARAI の新井敏弘選手が、PCWRC
(世界プロダクションカーラリー選手権)の最終戦、ラリー・オーストラリアでステージ優勝を果たし、
悲願のシリーズ優勝を成し遂げました!

3年目にしてようやく手にしたビッグタイトルです。

良かった良かった。

ペター泣く

2005/10/11

昨日、WRC ラリージャパンの特集を組んだESPNやテレビ東京の番組を観ていました。
SUBARU WORLD RALLY TEAMのペター・ソルベルグがリタイアに追い込まれたアクシデントの瞬間映像もみました。
あんなところにあんな岩が転がっているなんて、誰も思いませんよ。避けられないリタイアでしたが、リタイア直後のペターの様子は痛々しかったですね。
北愛国サービスパークの雰囲気も重々しかったですが、あの映像を観たら納得です。
それにしても、最後の最後でペターにアクシデント。そしてプジョーのマーカス・グロンホルムの勝利。
↓の肖像権フリーの写真のように、故マイケル・パークが勝たせてくれたのではないかと思ってしまいました。
20051002-009

北海道より帰還

2005/10/5

無事、帯広から戻ってまいりました。
総走行距離、1500km。
ガラスを数枚積んでの移動だったため、道中の走行の衝撃で割ってしまって、いざと言う時にチームに迷惑をかけないようにと、かなりの神経を使いました。とても広い北海道ですから、悪路もあり、よくワレなかったなと不思議です。
ラッキーなことにというか、残念なことにというべきか、スバル・チーム・アライ、スバル・ラリーチーム・ジャパンともにガラスのアクシデントはなく、無事ラリーは完走。
新井選手はPCWRCで勝利。スバル・ラリーチーム・ジャパンのクロッカー選手はグループNで目標の表彰台。チーム・ジャパンのもう一台の勝田選手はアクシデントがありタイムを落としましたが見事完走と、それぞれが本当に素晴しい成績でラリージャパンを終えることが出来た様子です。
ガラスが割れるということは、イコール、タイムが大幅に落ちるという可能性が大きいですからね。
出来れば弊社がお手伝いする場面は無い方が良いことでしょう。
今回は他のチームのアクシデントで、ガラス交換をお手伝いいたしましたが、なかなか複雑な気持ちでの作業でした。
詳しくは後で別ページを作る予定ですが、チームプレイの大切さを学びました。
特にワークスの部門でも、首位を快走して、あと少しで勝利というSUBARUのペター・ソルベルグが、ゴール直前でまさかのリタイア。RALLY JAPANを制したのは、プジョーのグロンホルムでしたが、プジョーはラリージャパンの前の第12戦で、セカンドドライバーのマルコ・マルティンのコ・ドライバーのマイケル・パーグさんを亡くしています。まさにチーム一丸となって勝ち取った勝利かもしれません。
FH000013
写真は、ラリージャパンのエントリーが心配されていたマルコ・マルティンの代役、ダニエル・カールソンの車両です。

チーム・アライ、PCWRCトップでReg3を終了!

2005/10/2

北愛国のサービスパークから更新しています。
WRC第13戦RALLY JAPAN Reg3(最終日)、新井敏弘選手は、PCWRC(グループN)首位を守り、トップでフィニッシュを迎えました。
ただ、ワークスの方は、私たちが札内のスーパーSSから北愛国サービスパークに戻ったとき、ぺター・ソルベルグが「止まった。」という情報が入りました。
ちょっと重々しい空気が流れていましたが、結局ぺターは残念ながらそのままリタイア。本当に最後の最後でのリタイアとなってしまいました。
とにかく凄い数の人です。そして多くのスバルファンが、新井選手を祝福しています。
とりあえずは今、そんな感じです。

ジャパンラリー最終日です。

2005/10/2

__ferry_111
昨日の深夜の仕事を終え、ラリージャパン最終日Reg3です。
今、札内のスーパーSSの会場にいます。
スタンドから更新です。
このステージが終わればいよいよフィニッシュです。
また北愛国のサービスパークで更新します。

Reg2終わって首位に立つ

2005/10/2

WRC第13戦RALLY JAPANのReg2(2日目)の新井選手は、昨日の驚異的な追い上げの勢いそのままに、この日最初のステージで、PCWRCおよびグループNでついにトップに躍り出ました。
その後もまさに順調な走りで首位を堅持、そのままReg2を終えました。
__ferry_091
写真は午前中のステージを終え、サービスパークに戻ってサービスを受けるインプレッサ。
また、チーム・アライ同様、お手伝いしているSUBARU TEAM JAPANですが、そのうちの1台、クロッカー選手のインプレッサがグループNの2位に入っています。
このまま順調に行けば、ワークス1位がぺター、グループN1位が新井選手、2位がクロッカー選手と、素晴らしい結果になるかもです。

Reg1は2位

2005/10/1

WRC第13戦JAPAN RALLY、Reg1(第1日)、弊社が車両のガラス部門で帯同している、SUBARU TEAM ARAIの新井敏弘選手は、WRC上最長の50kmのコースのSS3でパンクするアクシデントに見舞われましたが、午後のステージで脅威の挽回をみせ、トップの奴田原選手に4.8秒差の2位でReg1を終えました。
午前のサービスに戻ってきたからは、アクシデントもあり6位と出遅れ、サービステントも少し重々しい雰囲気でしたが、さすがの追い上げにホッと一息です。
__ferry_073
写真はReg1最終のスーパーSSを終え、サービスパークに戻って整備を受けているところです。
チーム・アライのスタッフのみなさん、凄い気迫です。

サービスパークから

2005/09/30

今日はWRC JAPAN RALLYの北愛国サービスパークのSUBARU RALLY TEAM JAPANのサービステントから発信しています。
昨夜は、セレモニアル・スタートというラリーショーを見学しました。
が、すごい人で、ワークス・チームには近づけませんでした。
__ferry_024
それでもなんとか写真を撮ってきました。
今日はスタート後にサービスパークにつめています。
__ferry_032
写真はスタート後、まだ動きも少なく落ち着いた雰囲気のチーム・アライのサービステントです。
新井選手はタイヤにアクシデントがあったようで、少し遅れているようです。
__ferry_070
スバル・ラリーチーム・ジャパンのサービステント内でくつろぐ、スタッフ・ケンジョウです。

Sorry, but there aren't any posts in the %s category yet.

To PageTop